イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

原作好きが見た『スカイ・クロラ』 

押井守監督の最新映画『スカイ・クロラ』やっと見てきましたよ★
………期待半分不安半分で。

不安ってのはね。
私この原作小説大大大好きなんですよ!!!
ストーリーが、って言うより文章の硬質な美しさや戦闘シーンのリズム感、静謐な空気。
そして溢れ出す『飛ぶこと』への渇望。
そういうのがたまらなく好きで。
だから自分のイメージが崩れるんじゃないかって不安で不安で。
でも予告編で見た美しい空に会いたくて見に行ってしまいました。


冒頭から激しい空中戦。
空と飛行機は目を見張るような完璧な映像で。
流れる音楽がまた厳かで切なくて美しくて。
オープニングのクレジットも現れては消えていくような処理で、だんだん地上に近づいていく視点。
「ああ…スカイ・クロラだあ……」と胸がいっぱいになったトコで。
主人公のパイロット、ユーイチを迎える整備士ササクラ登場。
「女?」
それはこっちのセリフじゃー!!!
ササクラは改造マニアのおっさんだろお!?
この時点でこの映画が決して原作に忠実でないコトを悟りました★

いや、ユーイチとスイトのキャラデザインが発表された時から「え?」て気分はあったんですけどね。
「動いたらまた印象違うかも」とか思ってたんだけど。
…やっぱ…ダメだ★
ユーイチあんなに髪長くて丸顔なのなんか違う!
スイトも、いくらキルドレっても子供まで産んどいてあの体型はないだろ★
二人の声がまた……
鳴り物入りの加瀬亮と菊地凛子ですが。
二人とも舌っ足らずでボソボソしてて聞きづらい。
「いつまでも子供で感情に乏しいキルドレを表現する」って演出意図なんでしょうか?
原作はユーイチの一人称だったんで彼がどんなに素っ気なくても感じてる事は分かったんですが。
原作読んでない人には行動の理由とか分かるのかなー?と疑問。

主人公二人にガッカリした反動なのかどうか。
脇役の方に魅力を感じました。
ユーイチの同室のトキノ。
彼は原作よりも出番多かったですね。
お調子者ぽいけど実は周囲をしっかり見ている彼。
声がそんな彼を上手く表現してて違和感ゼロで見れました。
だから本職の声優さんかなー、と思ったら…谷原章介さん!
意外と言ったら失礼だけど上手かったですね♪

娼館の女フゥ子はもっと甘い色っぽさのキャラをイメージしてたんですが、カッコいい系の大人の女でビックリ★
でも表情とか落ち着いた声がすごく素敵で。
なんか憧れですww
声の安藤さんは『精霊の守り人』でバルサやってた人だったかな?
納得です♪

とまあ、違和感抱えながら(特に主人公二人に)観てたわけですが。
とにかく空中シーンが綺麗で圧巻だったのでモチベーションは保てました★
でもラストに近づくにつれ強くなる違和感。
それは主人公達がどれだけ『飛ぶこと』を求めているのかが表現されてないから。
キルドレの『永遠に終わらない繰り返し』と絶望だけが強調されている。
スイトの絶望のはじまりは『飛ぶこと』だけでは許されなくなったところから始まったのに。
原作を知らないダンナの解釈は「オチがクローンネタのSF」でした。
確かに映画しか見てなかったらそう思えるよなぁ…なんかなぁ…
ラストは原作と全く違うし★


と文句をタラタラ流しましたが、イメージなんて私の勝手なものと分かってんですけどね。
少なくとも空中シーンと美術と音楽は素晴らしい映画でしたw
スポンサーサイト

2008/08/31 Sun. 12:49 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://woopee1009.blog130.fc2.com/tb.php/835-19c98eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。