イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

ルルロロSS:大切なものは。 

12話のロロが可愛かったんでちょっとSSを♪
あのシーンから妄想ですww
なお本編のシーンもありますが、セリフは記憶だけで書いてるので絶対間違ってますからww


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



「ねぇ、誰狙ってるの?」
「ふふっ♪ルルーシュくんかな。この間デートしたしvv」


兄さんは。


「えぇ?!あたしもよ?!」
「ふぅん…負けないわよ」
「こっちだって!」


僕が絶対守るんだ。


「ルルは私が更生させなきゃ!」


あんな女達に手出しなんかさせやしない。



「はーい♪今日が最後の生徒会長ミレイ・アッシュフォードでーすw」
緊張が高まる中、学園中のスピーカーからミレイ会長の声が響く。
…こっちの気も知らないで。
「最後のイベントは『キューピットの日』!相手の帽子を取ったら、その二人は強制的にカップルになりまーす♪」
兄さんを狙ってる女子達が、ジリジリと 兄さんを囲んでいく。
あの群れに放り込まれたら兄さんはどうなるのか。
僕も息を飲み込み、出て行くタイミングを計る。
「なお、3年B組ルルーシュ・ランペルージくんの帽子を私の元に持ってきた人は部費を倍にしまーす!」
「なっ……!」
騒然となる学園。
悪夢だ………
これで対象が生徒全員になるなんて!
「それではキューピットの日、スタートォ!!」
どうする?!
いくら何でも学園全体にギアスなんて…
ああでも、このままじゃ兄さんが……!
「……くっ!」


…自分でも無茶だと思った。
でも迷うヒマは無かった。
僕は兄さんや兄さんに飛びかかろうとする女子や、学園全体の時間を止めた。
ギアスで。
動きの止まった兄さんの体を、僕は両腕で抱えて引きずっていく。
僕の腕の中に兄さんがいるって…不思議な気分だ。
余計な事を考えると兄さんの固まった体が壁にぶつかりそうになる。
「ご、ごめん!」
ギアスを使いながら自分より背の高い兄さんを動かすのは思ったより骨の折れる作業で。
狭い物入れの中に二人で収まると、僕はすぐギアスを解いた。


「!ロロ…」
兄さんの時間が動き出した。
扉の向こうでは「ルルが消えた?!」と悲鳴のような声が聞こえる。
「ありがとう…ロロ」
兄さんが僕に微笑む。
この体を寄せ、息がかかる距離で。
でもその微笑みはすぐに訝しげな顔に変わった。
「お前…大丈夫なのか?」
余程僕の顔に出た疲労の色が濃かったんだろう。
「…さすがに…学園全体にギアスをかけるのはキツかったよ…」
兄さんは少し目を細めると僕の背中に腕を回し、そっと力を込めた。
「そうか…」
飾り気のない密やかな声で呟いた後、僕の額に唇が触れる。
体温と。
労りの眼差しと。
…こんなことで僕は充たされてしまうんだ。
どうしようもなく。



それからも。
兄さんを巡る争奪戦は混乱を極め。
いつの間にか兄さんを見失った僕はもどかしい時間を過ごした。
そしてイベントが終了する頃。
互いの帽子の色を替えた兄さんとシャーリーがみんなの前に現れたんだ……


はにかんだ二人を見てると僕は。
胸が押しつぶされそうで。
シャーリーのためにこの企画を考えたという会長に理不尽な感情を抱きかけた。
あの瞬間、兄さんと僕は誰よりも近かった。
でも僕達の帽子は同じ色で。
決して交換できるものじゃないんだ。
冗談みたいな形の青い帽子を、悲しくて悲しくて僕は握りしめる。


イベントは会長への謝辞に変わり。
会長の挨拶の後、それぞれの手から帽子は宙を舞った。
ひとしきり騒いだ皆はイベントの完全な終了を確認すると自分の場所に戻っていく。
そんな中で、僕だけが時間が止まったように立ち尽くしていた。
どれくらいそうしてたんだろう。
「ロロ」
僕の時間を動かしたのは兄さんだった。
ハッと我に返り顔を上げるとあの微笑みがある。
「写真、お前も一緒に撮ろうって。会長が呼んでる」
すぐに返事できない僕の手を兄さんが引っ張っていく。
…………………
僕は。
やっぱりこの手を離したくない。

この場所を奪われたくない。

お願い。

どうか。

僕の。
僕だけの。


……その先の叶わぬ想いを無理やり打ち消す。


ずっと欲しかったものを目の前に差し出された僕は。
どうしようもなく。
欲張りになった。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



あはは~★お粗末だ~ねっ!ww
妄想のクセして全然エロくないし(笑)
スポンサーサイト

2008/07/04 Fri. 22:06 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://woopee1009.blog130.fc2.com/tb.php/762-828e6e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。