イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

エヴァでBLSS:Nightmare 

今回のSSは最近ハマっているエヴァで。
思いっきしBLでいきます(笑)
ええ、腐ってますよ☆どうせ。
とりあえず18禁ではなく15禁かPG12くらいを目指して書きたいと思います♪





深夜。

シンジは暗闇の中でひんやりとした感触に気付いた。
ゆっくりと重い瞼を上げていく。
ベッドの脇に目を向けると、隣のベッドで眠っていたはずのカヲルの白い顔が近くにあった。
いつもの微笑みを浮かべ、跪いてシンジを見つめている。
「どうしたの…?カヲルくん…」
カヲルの冷たい指がシンジの手をぎゅっと握る。
さっきの感触はカヲルの指だったのか。
しなやかで、冷たくて、心地よい指。
まだ眠気のさめやらぬ頭でぼんやりと考えていると。
カヲルはシンジの手を持ち上げて、何も言わず手の甲に唇を落とした。
唇も、指先と同じくらいひんやりとしてる。
「カ…カヲルくん?なに…?」
突然のことに混乱するシンジに、答えは返ってこない。
カヲルはにっこりと微笑むとベッドに上がってきた。
その冷たい指がシンジのパジャマのボタンにかかる。
「や…やめてよ…なにするの…」
弱々しい反抗を口にするシンジだが、体はカヲルの為すがままになっている。
動けない。
その理由が自分でも分からないことが、シンジを更に混乱させる。
カヲルはシンジの胸を露わにすると自分もパジャマの胸元を開いた。
ゆっくりと二人の胸を重ねていく。
伝わってくるお互いの体温は意外なほど温かい。
カヲルのしなやかな腕がシンジの腰を柔らかく締めつける。
「な、なに・・・?」
ただ戸惑うシンジ。
カヲルはシンジの震える唇に自分の唇を重ねた。
ひんやりとした唇。
しかしその中から這いだしてきた舌は熱を帯びてシンジに侵入してくる。
「んっ…んん…」
浸食されていく感覚。
苦しい。
でも、何故抵抗しないんだろう。
僕は。
カヲルくんとどうしたいんだろう。
こうなることを望んでいた?
まさか。
シンジが息苦しさの中で思いを巡らせていると、カヲルの唇が名残惜しげに離れていった。
息を整えようとするシンジを慰めるように、カヲルの唇はシンジの頬の上をゆっくりと動く。
「カヲルくん・・・なんで・・・?」
「こうしたかったから」
簡潔な、答え。
カヲルは両腕をシンジのうなじにまわし耳元で囁いた。
「僕が…欲しい…?」
その吐息と言葉の熱さはシンジの背中をゾクリとさせ、瞬間的に恐怖を認識させる。
ダメだ。
ダメだ、ダメだ、ダメだ。
危険。
カヲルの美しい弧を描く薄い唇、その奥に自分を絡めとろうとする蛇がいることを知ってしまった。
でも、体は動かない。
逃れられない。
カヲルの瞳から。
怖い。
自分がどうなるのか。
どうしたいのか。
「や、やめてよ…もう…こんなの…お願いだよ…カヲルくん…カヲルくん!!」


「ん…なに…?」
シンジが目を見開くと隣のベッドでカヲルが目をこすっていた。
色素の薄い皮膚と髪の色は暗闇でも浮かび上がって見える。
胸元をしっかりと閉じたパジャマの淡い色合いも。
シンジは自分の胸元を確認する。
寝る前と同じ、きっちり上まで留められたボタン。
違うのは体の芯に残った熱。
あれは…夢…?
「どうしたんだい…?シンジくん…」
まだぼんやりとしたカヲルにシンジは慌てて答える。
動悸を隠すように、熱を悟られないように。
「ご、ごめん!起こしちゃって!寝ぼけて…その…夢を…」
「へぇ…僕の夢?」
とろりとした瞳で微笑むカヲルの表情。
シンジは暗闇の中で頬を染めた。
さっきの夢が鮮やかにフラッシュバックする。
冷たい指先、唇。
裏腹に熱い舌、胸、視線、言葉。
自分を絡めとっていく全て。
シンジは自分の奥の熱を確認し、胸が灼けていく感覚を覚えた。
いけない。
こんな自分を知られては。
「…ごめん…起こして…」
「ん、構わないよ。じゃあ…おやすみ」
そう言って微笑むカヲルの唇は扇情的な曲線を描く。

そして、シンジは目を離せない。





あっはっはっは☆
とりあえず『18禁にはしない』とゆー目標はクリアしたようデス。
(ちゅー☆とハグだけ♪)
コレを思いついたのはMADでSNoWの『NightmaRe』(地獄少女第2期のOPね☆)を聴いて。
悪夢を見ていて隣に彼氏がいるはず…って内容の歌詞(うぉぅ!大雑把☆)に「そーいやエヴァのMADでもシンジとカヲルが同じ部屋で寝ているシーンあったなぁ…」と思いだしまして。
(涼宮ハルヒでもキョンと古泉であったね♪)
ソレだけのコトでここまで妄想するのがうっちークオリティ♪
このカプで書いてて悩んだのは「二人とも異常に受けくさい」コトですね☆
だから18禁にしなくて済んだのかも(笑)
困ったものです♪

ちなみにこんなSS書いといてエヴァの本編をロクに見てない私は(映画『序』しか見てない☆)
渚カヲルが登場する回のDVDだけレンタルしようかなどと視聴者として軸がぶれているコトを考えている☆えへ♪
スポンサーサイト

2007/09/18 Tue. 14:28 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://woopee1009.blog130.fc2.com/tb.php/537-8a488389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。