FC2ブログ

イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

エウレカセブン、融けちゃう・・・ 

う~~~~ん・・・・
今回も私の願い虚しくドミニクの出番はありません。
それ以上に、内容がふざけたツッコミをいれようが無く。
いろんな意味で私泣かせの展開でした☆

やっと修理も終わりそうな月光号。
それなのにレントンは先週のショックで引きこもり続行中。
あんなに赤面してアドレナリン全開!の元だったエウレカのクチビル&微乳を見ても萌えなくなってます。
(重症だ!)
(ちょびっと「絶望病?」と思っちゃいました)
一方エウレカも体調の悪さは最悪の域に達してきました。
ミーシャも結局はエウレカのカラダをすべて解っている訳ではない。
ぐったりするエウレカは子供達の姿を見て辛うじて微笑むけれど(ギチェットの教えを実行しようとしてるんだろうか?)子供達は逃げてしまう・・・。
子供達はエウレカの具合の悪さを心配して「邪魔にならないように」と思ったんだろうケド。
エウレカは「ニルバーシュだけでなく子供達にまで嫌われてしまった」とどん底へ。
切ないね。
ここでもコミュニケーションの障害が発生していました。

エウレカはおそらく一般のヒトとは違う生物なのでしょう。
(実験体とか、人工生物とか、てのもあるかも)
特殊な生育歴ゆえに、彼女は普通のひとが持っている家族とか経験とかがすっぽりと抜け落ちていて。
そのために「何も無い自分」と言う意識が常に付きまとっていた。
エウレカが以前「信じられるのはホランドとニルバーシュだけ」と言っていた。
それは、おそらく彼女の世界には『それしか』無かったから。
ニルバーシュに乗れなくなったことは、エウレカのアイデンティティを揺るがす事態だったのだろう。
それでも、月光号の仲間達、子供達、そしてレントン。
「私変わったかな・・・」と言わせた存在達があるから、ニルバーシュに乗ることにこだわらなくても良い様な気持ちになれた。
そう、先週のエウレカの歩み寄りは彼女にとって勇気を振り絞った、最大級の譲歩であり思いやりだったのだろう。
だけどレントンは拒絶することで無意識に彼女を追い込んだ。
レントン、子供達。
ニルバーシュを失う代わりに手に入れたと思っていたものが一つずつ崩れてく。
そして彼女が世界を手放した時、ニルバーシュは暴走した・・・!

発進しようとする月光号。
しかし突然のニルバーシュの暴走。
それはレントンだと思うホランドとタルホ。
レントンを置いていく、大切なのは月光号とエウレカ。
そう主張するホランドにタルホは問いかける。
本当にいいの?ダイアンの弟を・・・
二人の間にはダイアンの存在が色濃く残っている。
そこに入った知らせは、ニルバーシュに乗っているのはエウレカ。
レントンは後を追った・・・
驚愕するホランド。
選択肢は一つ。
「レントンがエウレカを連れ戻すのを待つ」

エウレカは廃坑の中に導かれた。
そして、かってのレントンのように不条理な夢へ。
夕暮れの図書室に一人立つエウレカ。
何のため・・・?
あぁ、本を、本を見つけなきゃいけないんだ。
だけど探しても探しても見つからない。
タイムリミットはすぐそこ。
早く早く・・・
私が・・・飲み込まれてしまう前に・・・
ああ、やっと見つけた、私の本。
安堵の想いで開くと、白いページがどんどん続く・・・!
空っぽ・・・私と同じ、空っぽ・・・・・

エウレカを追いながら、自分の拒絶が彼女にとってどれ程大きいものだったのか思い至るレントン。
廃坑を進んでいき、ニルバーシュに辿り着き、エウレカの名を叫び。
しかし、そこで見たのは。
既に人の姿ではなくなったエウレカだった・・・!
恐れおののきながらもエウレカを助け連れ帰ろうとするレントン。
彼は必死で祈る。
エウレカを・・・エウレカを、救う力を!!
そこで起こったのは。
セブンスウェル。
トラパーの枯れたこの地に。

戻ったエウレカの姿を見て、怒り殴りつけるホランド。
知らない。
何でこんなことになったかなんて、知らない。
ホランドの怒鳴り声も、ごつい拳も、フィルターがかかったように現実感が無い。
こんなに痛いのに。
こんなに。

セブンスウェルを起こしたレントンに脅威を感じたのだろう。
ホランドは言い放つ。
「お前はもうニルバーシュに触るな」
その声が、レントンにどう届いたのか。
ホランドには判らない。
レントンがホランドの心を知りえないように。


今回通常より10倍シリアス(当社比)でお送りしました。
※8/31録画を見直したら本編と書いていることが随分ずれていることに気づき、加筆修正しました(汗)
(修正しきれてないけど)
スポンサーサイト



2005/08/29 Mon. 13:35 [edit]

category: 未分類

cm 4  tb 0 

コメント

見えますよねぇ?

りょくさん、いらっしゃいませです♪

>絶望病
エウレカでは、何でも具合が悪そうだったら絶望病かと疑ってしまいます。
それは『絶望病』って何なのか、私たち視聴者が解ってないせいでしょう。
(症状とか・・・)
私も時々絶望病に襲われそうになりますよ。
(あ、ただの鬱状態か)

>ドミニク、デューイ
視聴者を絶望病から救うには『萌え』が必要です。
早く彼らに癒されたいものですな。

うっちー #79D/WHSg | URL
2005/08/31 09:15 | edit

ただぼんやりしているだけなのに

こんばんわー、りょくです。

>ちょびっと「絶望病?」と思っちゃいました
私も思ったんですよ。特に、タルホ姐さんが乗り込んできたときのレントンのあの表情を。
ただ、グルグル考えていただけだってのに……複線が沢山ある作品だから、うがって見てしまいますね(笑)

さて、うっちーさんにとってのドミニク。私にとってのデューイ大佐は一体何時になったら再登場なんでしょうか?(笑)
私の萌え要素が少ないんですよーーー。

りょく #79D/WHSg | URL
2005/08/30 20:28 | edit

基準は不明です

ハトははさん、どもども♪
コメ&TB感謝です。

シリアスに書こうとすると、妙にクサい表現になってしまうので恥ずかしいんですけどね・・・(汗)
はっきり言って腐女子的なネタでふざけて書いてるほうが精神的には楽です。
(それはいつもだろ☆)

とゆー訳でドミニクくんプリーズ!ですよ。
是非一緒に京田&佐藤の神に祈ってください。

うっちー #79D/WHSg | URL
2005/08/30 08:01 | edit

(当社比)・・確かに!

こんにちは、TBありがとうございました♪

うっちーさんのいつになくシリアスな感想。
とても素敵でした・・
そして、レントンの引きこもり状態を絶望病と考えるところが流石です!

欝なお話が続いてキツイですわな。
来週はドミニクくんの出番、あるんでしょうか?

ハトはは #79D/WHSg | URL
2005/08/29 15:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://woopee1009.blog130.fc2.com/tb.php/184-ed9ceb41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2020-05