イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

ドミニク脳内補完作戦 

エウレカにドミニクが出ないせいで、ドミニク禁断症状がでてきそうです。
『こちら本池上署』まで見て、やましげボイスを求めてしまいましたが。
(出番多かったですよ!)
(「何してるんですか!」とか、ドミニクを想いながら聴いてました)
まだまだドミニクが足りません。
そこで脳内補完のため。
産まれて初めてBL風味SSなんぞ書いてしまいました。

注※「キャラをなんでもホモにするなんて許せない!」とゆー方はお読みにならないでください。(エロはないです)



『ドミニク』

「お互いやっかいな女に惚れたもんだな!なぁ、レントン!」
その人の、晴れやかな声は。
僕の胸に苦さと甘さをもたらした・・・。


惚れた女?
そうだ、僕はエウレカが大切で大切で。
守りたいと思っていた。本気で。
だから、こうやって一緒にニルバーシュに乗って、コーラリアンに向かって、ゾーンの中に入ってきた。
ゾーンの中で、僕は脳みそが壊れそうな夢に振り回されたのだけど。
・・・目が覚めると夢の中で見た女の子が倒れていた。
エウレカに、少し似てる。
なんで?なんで?
そして呆然となった僕の前にその人は現われた。
銃を突きつけて。

その人は軍人だった。
エウレカに似た子をアネモネ、と呼んでいた。
心配そうに、ぐったりとしたその子を抱き上げる仕草は、僕がエウレカにしていることと重なった。
エウレカも目を開けない。
どうしよう・・・。
その人は地図を広げ始めた。
どうやらアネモネという子を助けるために、どこかに向かうらしい。
僕もエウレカを助けなきゃ・・・!
どんな手を使っても。
そして。
僕は頭をフル回転させて。
その人を脅していた・・・。

そして僕はその人のバイクの同乗者となった。
脅しは予想外に上手くいったのだ。
と、言うよりも相手がその人だったからか。
僕も月光号で天然とかドジとか、しょっちゅう言われてるけど(認めたくないけど)
その人の天然さは僕の上をいってるようだ。
・・・何だか危なっかしくて目が離せない。
ほら、余所見したら・・・ぶつかる・・・!!

薬を手に入れるため病院を探しているのだけれど、ちゃんと着くのか妖しいかもしれない。
何しろ、その人は地図も読めない。
(士官学校って地図が読めなくても卒業できるんだ)
ああ。
でも、伏し目がちに一生懸命地図を見ている横顔は・・・
なんだか整ってて・・・綺麗だ。睫毛も長いなぁ。
あれ?!男相手に何考えているんだろう。僕は?
とにかく!僕がしっかりしなくてはエウレカを助けられない。

やっと街についた途端、その人は市民に絡まれだした。
(軍人ってこういうこともあるんだ)
危ない!助けなきゃ!
・・・気がついたら、体が動き出していた。
そして、二人とも傷だらけになっていた。
(負けたとは思わないよ)
冷静になってみれば、何もあそこで僕が出なくても良かったのかもしれない。
仮にもその人は軍人なんだし。
なんだったら騒ぎの間にバイクを頂戴して、逃げるってのもありだったかも。
でも。
ほっとけなかったんだ。
その人を置いていくなんて、考え付きもしなかった。
威圧的に喋ろうとするくせに僕を頼ってくる、たまに見せる笑顔がとても柔らかい・・・
綺麗な、その人を。

やっと病院に着いて。
薬はもらえることになった。
僕とその人は一緒に傷の治療もしてもらった。
お揃いの絆創膏が、なんだかくすぐったい。
これで、やっとエウレカのところに戻れる・・・。
嬉しい筈なのに、胸がモヤモヤするのは何故なんだろう?
そしたら。
バイクが盗まれていた。
あー!どうしてその人と居たら、こんなに色んなことが起きるんだろう!!
結局、救急車をチューンして戻ったわけだけど。
(苦情も言われたけどキニシナイ)

エウレカとあの子はぐったりとしたままで、そこに居た。
その人は「アネモネ!」と叫んで、近寄って・・・抱きしめた。
あれ?胸がチクッとする?
あ、僕もエウレカに薬を飲ませなきゃ。
しっかりして、エウレカ。目を覚まして。
・・・っ、攻撃!?軍が?
危ない、どうしよう、エウレカが、まだ目を覚まさないのに、・・・守らなきゃ!!

その時、ニルバーシュが僕を導いてくれた。
僕らは、助かる。
その時。
ニルバーシュに乗り込もうとした時、その人は言ったんだ。

「お互いやっかいな女に惚れたもんだな!レントン!」
「ドミニク!ドミニク・ソレルだ!」

僕の胸にふいにやってきた、苦さと甘さ。
苦さは・・・「惚れた女」・・・?
その人の、アネモネという子を見つめる眼差し。声。
優しくて、溶けてしまいそうになる。
それが、なんでこんなに胸をざわつかせるんだろう。
甘さは、僕の名前を呼んでくれたこと。(何で知ってるんだろう?教えてないのに)
その人の名前を知ったこと。
そっと呟いてみる。
また会える日がくるだろうか。

『・・・ドミニク・・・』



拙い文章で失礼しました。
かの名作(笑)『ザ・ビギニング』のレントンに私が乗り移った気分で書いてます。
SSって初めて書いたのでお許しを・・・

スポンサーサイト

2005/07/27 Wed. 01:09 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://woopee1009.blog130.fc2.com/tb.php/168-fb816149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。