イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

最遊記外伝…最終巻(涙) 


最遊記の、天界での過去を描いた外伝が最終巻を迎えました。
幼い悟空が大切な人達と出会い、そして別れていく物語。
それは最遊記を読んだなら誰もが理解してる結末。
先にある悲しみを知っていて、それでも彼らの物語を見届けずにいられない。

この巻での闘いは壮絶を極めます。
その中にも彼らの美学とか信条がくっきりと見えてしまうのも切なくてたまらないのです。
捲簾と竜王の関係にはなんとも言えない気持ちを味わいました。
お互いを認め合っているのに、それぞれの立場からでしかものを言えない。
捲簾が死んだ瞬間の竜王の敬礼にはどれほどの想いが詰まっていたのでしょう。
捲簾の叫びには「生きる」行為というのを強く実感させられました。
そして天蓬の戦いにも別の側面での「生き方」を見ました。
ごく日常的な事を考えながら修羅の戦いを繰り広げ、血の海で息絶える天蓬。
そう。
人は些細な日常を手に入れるために、そこにたどり着くためにもがいている。

二人の奮戦によって次空ゲートに着くことが出来た金蝉と悟空。
しかしそこでも追手が二人を責めたて、残酷な事実を告げる。
結局金蝉は悟空を逃がすために自分の命を投げ出します。
それまで「死んだように生きていた」自分に「生きている」ことを感じさせてくれた悟空のために。
その傷だらけの顔は慈愛に満ちていて。
悟空の激しい慟哭が読んでいて胸に突き刺さりました。

ラストの方の、見開きで悟空が幽閉されてる所が延々と続くシーン。
彼の長い長い孤独が伝わってくるとてもいいシーンだと思います。
そして金蝉の約束通りに手を差し伸べる三蔵。

最遊記が―――――始まる。

そんな感無量の、心に残る作品でした。
峰倉先生、お疲れ様でした!

『最遊記RELOAD』も最終回を迎えたようですね。
「いっぺんに終わっちゃうのかぁ…」と思ってたら。
12月から『最遊記RELOAD BLAST』ですって?!
どこまで引っ張るんだwwww
取りあえず8月に出る複製原画集と9月に出るRELOAD10巻は手に入れたいですね♪


イラストはカラーページ見ながら描いたやつです。
(残念ながら似てませんよ★orz)
とにかくフンワリした感じにしたくて久々に全部お絵かきツール使いました。
あれ?そういや私悟空描くの初めてかもしんない(笑)


では重要でもないお知らせ。
この度『ボーイズラブ専門レビュー サイトちるちる』とゆーサイトに当ブログがリンクされました。
(興味ある方、ご覧になってみてください♪)
ありがたい事にあちらからお申し出てくださったのですが。
間抜けな私はメール見て個人サイトと思いこんで「随分丁寧な管理人さんだなぁ」とか考えていたのですが。
訪問するとなんと!会員登録してレビューを掲載するようなところでした!
だってこんな零細ブログにそんなトコから声がかかるなんて予想できなかったから★
それはともかく。
なんだかこれでれっきとしたBLブログと認められたような気がします(笑)←(ちょ★)
スポンサーサイト

2009/07/28 Tue. 23:40 [edit]

category: お絵かき

cm 0  tb 0 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://woopee1009.blog130.fc2.com/tb.php/1197-d1dbfa2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。