イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

パラレルSS:私立OO学園! 

なんの気まぐれか。
今回はガンダムOOのSSです♪
タイトルからお分かりでしょうが、学園物(笑)
どうか寛大な心でお読みくださいww


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

私立OO学園ーーーーー

イオリア・シュヘンベルグによって創設された200年の伝統を誇る名門校である。
その理念は『恒久和平』
しかし、現在この学園は一部のエリートによる学園支配を目論む生徒会長リボンズ・アルマークとその親衛隊、そして学園の紛争根絶を叫ぶ私設風紀委員会が反目を続け争いが絶えない状態である。
これはそんな学園の、ある恋人達の物語………



はぁぁぁぁあ~~~……………★
「どうした?沙慈・クロスロード。そんな大きな溜め息を吐いて」
「刹那」
沙慈と呼ばれた少年は頬杖をついていた顔を上げ振り向いた。
ここは私設風紀委員会の部室。
沙慈は特に紛争根絶とかなんとかには興味はないのだが、高等部になって間もない頃不良に絡まれてる所を風紀委員の刹那に助けられて以来なし崩し的にここで雑用をやらされている。
もちろん風紀委員になったつもりは欠片もないのだが、風紀委員でもエース格の刹那が何故かいつも一緒のため周囲からはすっかり同一視されている。
生徒会長一派からの風当たりのキツさに「僕はもう君達の手伝いなんかしない!」と抵抗したこともあるが、刹那に無表情な顔で「何故だ」と突っ込まれ続けると無力感に襲われて結局頼まれるままに手伝ってしまう。
そんな毎日だった。
「いちいちフルネームで呼ばなくてもいいよ。……ルイスの事を考えてたんだ」
「ルイス・ハレヴィがどうした?」
ルイスは沙慈が中等部の時恋人だった少女である。
刹那も当時同じクラスだったから面識くらいはある。
沙慈とルイスは同じクラスで、部活も一緒で。
それはそれは仲が良い事で有名なカップルだった。
そんな二人が別れたのは些細なことから。
誕生日プレゼントにルイスから指輪をねだられた沙慈は、中学生という事を隠してバイトまでして頑張ってそれを買った。
しかし所詮は中坊。
指輪にサイズがあるなんて事、買う時に店員に問われて初めて気づいた沙慈はとりあえず自分の指のサイズに合わせて購入し。
「僕の指には入ったんだけど」などと言われて渡された指輪がはまらなかったルイスのプライドは著しく傷つき「この指輪が入るようになるまで沙慈に会わない!」と宣言。
彼女は部活も変え、やがてクラスも分かれ、高等部に入ってからはコースも違うため全く顔を合わせる事がなくなった。
沙慈はそんな彼女の事を思い続け、なんとかもう一度接触できないか考えていたのだが。

あれはつい3日前。
沙慈はいつものように刹那に引きずられて生徒会親衛隊とのいざこざの場面に顔を出すハメになっていた。
(と言ってもせいぜい刹那の後ろで関係ない生徒を避難させるくらいしかできないのだが)
その時沙慈の背中に聞き覚えのある声がかけられた。
「……沙慈…?どうして……?!」
ハッとして振り向くと、自慢だった長い髪を短くした彼女が竹刀を手にして茫然と立ち尽くしている。
「ルイス!……君、親衛隊に入っていたのか?!」
「沙慈こそ…あなたが風紀委員だったなんて……」
「違う!僕はそんなんじゃ…!」
「じゃあ何で一緒にいるのよ!」
「それは……」
本当に何でだろう?
自分でもそう思っている間にもみ合いへし合いの現場は混乱状態となり、沙慈は刹那と、ルイスは親衛隊のメンバーと撤退したのだった。

「あの時…絶対ルイスに誤解された……風紀委員だって」
「お前はもう立派な風紀委員会のメンバーだ」
「ちがああああう!!!」
「何をムキになっているんだ」
「せっかくルイスに会えたんだよ!なのに彼女は親衛隊、僕が風紀委員会じゃ話もできないじゃないか!!」
「そんな立場にとらわれる必要があるのか?」
「えっ…」
「第一、中等部の時の彼女は親衛隊に入るような人間ではなかった」
「う…うん…」
「何があったのか聞くべきだ。そして…君の気持ちを伝えるんだ。沙慈・クロスロード」
この朴念仁が僕の恋を応援してくれるなんて。
目を見開く沙慈に刹那は手を伸ばす。
「会いに行こう、ルイス・ハレヴィに」
その手に自分の手をそっと重ねると沙慈は力強く頷いた。
「……うん!!」
善は急げ。
部室から二人が飛び出すと、風紀委員会を何かと目の敵としてる体育教師アリー・アリ・サーシェスが立ちふさがっていた。
「おおっと!風紀委員の皆さん!ここで会ったが百年目ってなあ!!……ぶふぉおっ★」
サーシェス先生が不敵な顔で微笑むと同時に刹那の裏拳が飛んだ。
「邪魔だ」
「てめっ……覚えてろよ!!単位がどうなるかっ!!!」
叫ぶサーシェス先生を沙慈が不安げに振り返る。
「だ…大丈夫なの?」
「今はお前の問題の方が重要だ」
「刹那……」


刹那が中等部のクラスメイトの女子を探し出して、その伝手で何とかルイスを呼び出した。
来てくれるだろうか……
指定した裏庭で待ちながら期待と不安で胸が高鳴る沙慈。
そして。
ガサッ…
枯れ葉を踏みしめる音に振り向くと、口を堅く結んだルイスがそこに立っていた。
「ルイス……来てくれたんだね」
微笑む沙慈に対しルイスは表情を緩めないまま。
「…はっきりさせようと思って」
「ルイス?」
「だって!あなたは風紀委員会!私は親衛隊の一員なのよ!もう……敵同士なんだから!」
声を荒げるルイスに沙慈は必死に語りかける。
「分からないよ!ルイス!君がなんで親衛隊に入ったのか!だって…君は本当は優しい女の子なのに!」
ルイスは辛そうに目を細めると震える声を絞り出した。
「……復讐よ」
「復讐?」
「…風紀委員が私のチャッピー(ロングコートチワワ♂5才)に大怪我させたのよ!可哀相に、チャッピーは今も足を引きずったまま……」
「そんな…風紀委員が酷いこと…」
「本当よ!自分で名乗ってたもの!あいつをチャッピーと同じ目に合わせないと…私…」
今にも泣き崩れそうなルイスの震える肩を見つめる沙慈。
やがて彼はそっと手を差し伸べて、言った。
「ルイスの理由は分かった。でも…やっぱり君に争いは似合わないよ。僕は正式な風紀委員じゃないからいつでも辞められる。だから君も……僕と一緒に……」
「沙慈……」
沙慈の柔らかな微笑みと声。
潤んだ瞳でそれを見つめるルイス。
沙慈の手に向かい少しずつ近づいていく彼女の手。
そして、その指が今にも触れる瞬間。
ルイスはハッと全身を強ばらせて後ずさった。
明らかに怯えている。
「ルイス?」
「い……いやぁあああああ!!!!!」
ルイスは突然叫びだすと茫然とした沙慈を残して走り去ったのだった。
「ルイス……」


ガラッ。
刹那が部室の扉を開けると、沙慈が一人薄闇の中でうなだれていた。
「沙慈……」
「…刹那」
沙慈は弱々しい微笑みを浮かべ顔を上げた。
「せっかく…協力してもらったのに……ダメだったよ……あは……」
沙慈の瞳が次第に潤んでくる。
涙が零れる、その瞬間に沙慈は自分の背中を暖かいものが包むのを感じた。
「もういい!無理をするな!」
刹那が沙慈を抱きしめたのだ。
「…刹那?」
「俺の前では無理をするな。俺はお前の全てを受け入れる。俺なら…お前を泣かせやしない」
「刹那…それって……」
「ずっとお前を見てきた。沙慈・クロスロード。お前だけを」
刹那の顔が近づいてくる。
沙慈はその熱い瞳に魔法かけられたように動けなかった。
ただ、その体と唇を刹那に任せていた。

その頃。
部室の前では他の風紀委員がコソコソと話し込んでいた。
「刹那のミッションは成功したらしいな」
「刹那の一目惚れだったんでしょ?一途だよねー。僕とマリーみたい♪」
「チクショー★俺も恋したいぜ!実は狙ってる子がいるんだよな♪新しく入った会計のアニューってイイよな?」
「問題を起こすな。ノリエガ先生の酒量が増える」

そして。
部室の窓の外でも中をうかがっている男がいた。
「この期に及んでキスまでとは……所詮それだけの相手でしかなかったということか?」
刹那のストーカーをしていてボッコボコにされて以来仮面を被って自称「謎の転校生」を名乗るグラハム・エーカーである。
最近はストーキング技術も更に磨きをかけたと専らの評判の彼であった。

それから。
その頃ルイスは一人自室で震えていた。
「なっ…何なのよ……あの男……あんな凄い顔で私を見て……なんだってのよ……」
そう。
ルイスが逃げ出したのは、沙慈の後ろに潜んでいた刹那の鬼の形相に恐怖したからだったのだ。
思い出しただけで震えが止まらない。


結局。
恋の決め手は執念深さということらしい★


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

サジルイじゃなくてセツサジかよ!!ww
だってこないだのOOで私には見えたんだもん★
刹那に抱きしめられる沙慈が(笑)

お粗末な文章でサーセン★orz
でも書いててとっても楽しかったんだ(笑)
他の風紀委員(笑)の話を書くかどうかは気分次第ってコトでww
スポンサーサイト

2009/02/20 Fri. 23:05 [edit]

category: 二次創作(小説)

cm 4  tb 0 

コメント

浅月架音さん江

おお期末テスト!!!
そんなものもあったな…そういえば…←(遠すぎる過去w)
が、頑張ってくださいねっ!

セツサジめちゃくちゃ萌えですよーvv
うん、ダブルオーライザー作りましたよ!ww
私も1期終盤はロクティエにハァハァしましたけどね♪
2期でティエリアがニールとライルの間で揺れ動いてくれたら良かったのに、ライルがあっさりアニューとできてしまうとは残念★←(何を期待している)
つか今週のOOまだ見てない!
早く見なければ★

goo仲間が増えてくれて嬉しいですー♪
ブログパーツの制限とか不便な事も色々あるgooだけど長年使ってて分かりやすいんでw

ではまたー♪

うっちぃ #79D/WHSg | URL
2009/02/24 08:35 | edit

Unknown

安心して妄想できますよ笑
明日から期末テストなんですけどね←

2期はセツサジがやばいですよねw
1期はロクティエ派でしたが←←←
ドッキングは大きかったですよね☆(^ω^)
ダブルオーライザー買っちゃいましたよww←

2期でもロクティエを期待してましたが・・・
2期はノーマルカプが多くてちょっと残念です←

gooブログなんですw
前のブログはどうにも画像表示が気に入らなくて←←
gooの画像表示が気に入ったのでww
遊びに来てくださいね☆
ではw
乱文失礼しましたっ(^ω^)

浅月架音 #79D/WHSg | URL
2009/02/23 07:31 | edit

浅月架音さん江

わあああああああ♪
合格おめでとうございます!
これで安心して妄想できますね(笑)

そう、見えましたよね!!
刹那に抱きしめられる沙慈!ww
セツサジは2nd初回から「キタ!!!」と思ってました♪
この二人ドッキングしちゃうしvvハァハァww←(ヲイ★)
ダブルオーライザー萌え!!!←(ちょww)

新しいブログ見せてもらいましたよー♪
gooなんですね!
また遊びに行かせてもらいます^^ノシ

うっちぃ #79D/WHSg | URL
2009/02/21 22:44 | edit

お久しぶりです☆^ω^

お久しぶりです!!(^ω^)
浅月架音ですww
無事に志望校に合格して浮かれている次第です←

気になる記事だったのでコメさせていただきます♪

00SS!!!
待ってました笑

ニヤけながら読ませていただきました笑
サジルイではなくセツサジだったんですね!!笑

あたしもこないだの00、刹那に抱きしめられる沙慈が見えました!!←
もう、刹那と沙慈がドッキングしたところから、この2人はデキているのではないかと思ってました笑

セツサジいいですねーwwwwwww

不器用な刹那が可愛いwww
沙慈は鈍感ですしwwww

私情ですが・・・ブログを新しくイラスト中心ブログにしたので観覧頂けると嬉しいです(^ω^)

ではっ
乱文失礼しました!!(ω<)≡3

浅月架音 #79D/WHSg | URL
2009/02/21 15:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://woopee1009.blog130.fc2.com/tb.php/1056-dcf215bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。