イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

9月後半に聴いてた曲 

9月後半は特に新曲のDLはしませんでした。
今までDLした曲をアーティスト別に繰り返し聴いてたり。
(主にUVER、エルレ、VAMPS、Kalafinaですね♪)
他は購入したこのCDをかけっぱなしとかww

『D.Gray-man Complete Best』
『MELLSCOPE』

Dグレのベストについてはこないだ記事にしたんで、MELLのアルバムから曲紹介しますね♪


『Red fraction』



このCDを買ったのはこの曲のためと言っても過言ではありません★
アニメ『BLACK LAGOON』の曲。
私はアニメ見てなくて、かなり後からMADで使われてるの聴いて気に入ったんですが。
フルで配信されてないんですねぇ…
改めて聴いても、やっぱイイ曲です!!
声とサウンドに力があって、とにかくカッコいい!!!


『SCOPE』




アルバムのOP曲です。
抑えた歌いだしからサビで一気に爆発する感じがドラマチック♪


『no vain』



サウンド的には『Red fraction』と似てるなーって思いますが。
ハイトーンの声が違った世界観を作り出しています。


『Virgin's high!』



アニメ『スカイガールズ』の曲。
美少女アニメだけあって、他の曲より声がカワイイですww


ちなみにコレ、かなり順不同ですからww
スポンサーサイト

2008/09/30 Tue. 13:06 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

変態注意★ 

昨夜の絵チャではゆみ、やおい、ゆっきーと出会いました♪
ゆっきーが半分使って描くことになってて、残り半分をどうしようかと相談していたら……



いつの間にかゆみと私でエロ絵を描くことにwwwwwwwwwww
(やおいは長くいれなかったんで★)




そしてやおいに捧げるログ~~~~♪















ホモとか変態苦手な人、お子様は避難してくださーーーーーい★
















いいんですねーーーーー?














本当にいいんですねーーーーーー?


















ゆっきーの爽やかなディノヒバ絵の隣になんという肌色の多い絵(笑)
まさかの25骸×15骸ですwwww(むっくむく♪)

アタシ…アタシ、こんな絵描く子じゃなかったのにっっっ!!!!!wwwwww
ちなみにこの絵で褒められたのは乳首です(笑)
背景も変態ぽくしようとゆみと二人で頑張りました(笑)
やおい、こんなんですがいかがです?ww



この絵が出来上がる頃に憧れの宗一さんがいらしてvv
ゆっきーが落ちて、3人で描きはじめました。
ジャンルフリーとゆーことで私は二人の遥時キャラに囲まれながらルルーシュを描きww
(二人に遥時すげープッシュされたwwww)
私遥時は分からないんだけど二人の萌え絵が出来上がってくるのをハァハァしてたら、目が覚めたダンナに「いつまでやってんだ!」と怒られ★残念ながら途中で落ちました……orz

ううう………完成見たかったよう……(T_T)


※10/1追記
上記のように嘆いていたら、ゆみが完成絵メールしてくれました!!



私のルルは色んな意味で力尽きてる感じだけど(笑)両側の絵はすんごいステキvv
絵チャなのに、もう絵チャを超えたクオリティだもんなぁ……
ああ…見てるだけでシアワセ♪
ゆみ、ありがとーーーーーーーーー!!!

2008/09/30 Tue. 12:31 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

オリジナルSSだからその手を離して#3『ごめん。愛してる』 

オリジナルのBLSS『だからその手を離して』の第3話です。
第3話って言っても、毎回「これで終わり」と思いながら書いてるんですけどね(苦笑)
今回も続くかどうか書いてる本人も分かりませんww
前の話を読んで無い方はこちらからどうぞ→ 第1話  第2話




*************************************


短かった髪を伸ばして

髭もはやしてみて

夜に働くことにも慣れた

そんな

それなりに変わったつもりの僕なのに

なのに君は見つけてしまうんだ






「西内くーーーん、コレ5番ねーーー」
「はい」
出来あがった料理を慣れた動作で運ぶ。
パッと見てすぐ合コンだと分かるテーブルへ。
「鈴木さんって飲めるんだー?」
「いやぁだ!そんな強くないんですよぉ」
「ねぇ休みの日とか何してんの?」
若い男と女が交互に座って上ずったテンションで会話をしている。
俺は少し懐かしい気持ちになって皿を置いた。
「お待たせしました、ゴルゴンゾーラのピッツァとシェフの気まぐれサラダです」
その瞬間。
いきなり客が俺の手首を掴んだ。
突然のことで声を出せない俺にその客は言ったんだ。
「西内…!西内だろ!」
「………須藤」
丸っこい瞳が、俺を必死に見つめてる。
もう一生会わないつもりだったのに。
須藤。
俺が初めて好きになった男。
そして友達としての俺を求めた男。

跳ねあがる心臓を必死で抑えて、できるだけ冷静に答えた。
「すいません、お客様。勤務中ですので…」
須藤は何か言いたげに、でも何も言わずに手を離した。
カウンター内に戻ると須藤が連れに囃されてるのが聞こえる。
「須藤、友達?」
「その割には冷たくされてたじゃん」
「かっこわる~~~」
須藤の声は聞こえなかった。
でも分かる。
きっとお前は軽く頬を膨らましてグラスをあおってるんだ。
酒に強くもないくせに。

やがて須藤達は店を出て。
そしてしばらくの時間が過ぎた。
あいつはあいつで今まで通りの時間を過ごしているんだろう。
俺は俺で仕事をこなして、いつものように深夜の閉店を迎える。
「お疲れ様ーーー」
「西内くん、じゃあねーーーー」
店を出るとふいに首筋から冷気が侵入してきた。
肩をすくめ襟元を合わせ。
視線を上げると。
……あいつが立ってた。
「ここ閉店遅いんだな」
「…須藤…なんで?合コンだったんだろ?」
「下痢したって言ったら来なくていいって」
…ぷっ
思わず笑いがこみ上げる。
「くっ…はは…ははっ…!お前、相変わらずバカなんだな…っ!」
「そうだよ、バカだから…お前にも悪いことした」
気がつくと須藤の顔は真剣で。
まっすぐに俺を見ていた。
「俺…俺…ずっとお前に謝りたくって…!!」
「それで…俺のこと待ってたのか?この寒い中」
コクリとうなづく姿に、手を伸ばしてしまいそうになる。
でも。

ポケットの中で携帯が震える音がして我に返った。
「ごめん…今日は…約束があるから。時間ないんだ」
須藤は一瞬言葉を飲み込んで、そして寂しげに笑って言った。
「そ…か。じゃあまた今度、な」
須藤に背中を向けて歩き始めて。
角を曲がってから携帯を取り出しメールを確認する。
『お疲れ様!部屋で待ってるからね』
そして俺は近くにある自分の部屋へ向った。
灯りが漏れる窓、鍵のかかっていないドア。
「ただいま」
ドアを開けるとけして大きくはない声を出す。
「おかえりー!」
一人の小柄な男が俺に抱きついてくる。
「啓吾のほっぺた冷たい。寒かった?」
シュウ……
無邪気な表情や丸っこい瞳が須藤に似ている、俺の恋人。
あいつから離れて、男を探す奴らが集まる店で出会った。
「うん…寒かった」
自分の罪悪感を拭うように力をこめて抱きしめる。
クスクスと笑いながら唇をよせるシュウ。
俺は素直にその唇に溺れていく。
須藤を思いながら。


「うそだろ……」
須藤の『また今度』は予想外に早くやってきた。
翌日。
二人用のボックス席に緊張した顔で座っている須藤。
俺は奴の前にコーラを置くと押し殺した声で言った。
「これ飲んだら帰れ」
「…なんだよ!話も聞いてくれないのかよ!!」
大きくなる須藤の声。
…マズいな。
「お客様…こちらへ」
腕を引っ張り従業員用の通路に須藤を連れ出す。
「何の話だよ」
「俺…俺、西内がいなくなってから分かったんだ……お前の事すごく頼りにしてたこと…お前に悪いことしたってことも……」
須藤の顔は必死だ。
その表情に、声に気持ちが引きずられそうになるのを懸命にこらえる。
「頼り?お前の寝込みを襲おうとした男だぜ?」
「そんな…そんな言い方するなよ!!今の西内…らしくねーよ!!俺のせいなんだろ?!」
「へぇ…」
ゆっくりと顔を近づけ低い声で囁く。
「俺らしくないって、どこが?お前が俺の何を分かってるって?」
逃げ出してくれ。
そう願いながら。

でも。
「分かるよ、お前がいい奴だって事は。大事な友達だから」
真っ直ぐにこちらを見据えて言いきる須藤。
この時。
ダメだと思った。
本当にダメなんだと分かった。
俺とお前の『好き』は違うんだって、思い知らされた。

表情を読まれないように、目を伏せて離れる。
「席…戻れよ」
「西内」
「店…終わるまで待っててくれ。メアド教えるから」
途端に須藤は顔を輝かせて体を翻す。
「うん、待ってるな!!」

須藤が客席に戻ったのを確認してから俺はカウンターに入った。
そこでグラスを磨いている背の高い男に小声で話しかける。
「マスター、俺今日はもう帰ってもいいですか?」
「…今日はヒマだからいいけど?」
「そんで、今日限りでここ辞めていい?」
「……いきなりね」
「うん。で、マスターの知り合いの店、紹介して?」
マスターは須藤の方に視線を泳がせてから溜め息をついた。
「…あの子のせい?」
「まぁね」
苦笑いする俺の肩をマスターが軽く叩く。
「明日電話ちょうだい。どこか考えておくから」
「サンキュ、マスター」
厨房に向かおうとする俺の背中に更に声がかかる。
「本当にいいの?」
胸が一瞬つまる。
でも俺は精一杯の笑顔で振り向いて、こう言った。
「こうするしかできないから」
視線の端に須藤の姿が映る。
俺に気がついて軽く手を振るあいつに俺も小さく手を振った。
ごめん。
さよなら。
心でそう呟きながら。
そして俺は厨房から裏口に出て、店から一人離れていった。


ごめん。
また君を置いていく。
ごめん。
愛してるから。
だから想いの温度が違う君の傍にはいられない。
辛すぎて。

君は忘れていいよ。
でも僕の想いは消せないから。
せめてそれが僕の胸の中で柔らかな棘に変わるまで…抱いていくんだ。


………ずっと。





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


壁のアンティーク時計を見上げる。
閉店時間が近づいている。
「お客様、オーダーストップのお時間ですが…」
「あ、あっ、はい!」
背の高いマスターに声をかけられてドキリとした。
俺はさっきから気になっていることを口にしてみる。
「あ…あの、西内は…?ずっと見えないみたいだけど…」
マスターは柔らかく微笑んで俺の質問に答えてくれた。
「西内くんは今日はずっと厨房に入ってもらってるんです」
「そうですか」
でも、その目が寂しそうに見えたのは何でだろう?

「お客様、閉店時間になりますが…よろしいですか?」


「あ」
空から白いものがチラついてきた。
雪だ。
初雪……
寒いもんな。
息も白い。
西内が来たら温かいものでも飲もうって言ってみよう。
それから、今度は昼間会おうって約束しよう。
それから…それから…

「……遅いな、西内」
冷えていく体を震わせながら、俺は開かないドアを眺めていた。
ずっと。



《FIN》

*************************************


相変わらずしょっぺぇ話だな★(苦笑)



私事ですが。
この間ほんの3日間ばかりですが、ひどい落ち込み状態となってました。
ブログネタも思いつかない。
絵も描けない。
もうどうしようかと、ブログ辞めることもチラリと浮かびました…orz

そんな状態から浮上できたのはブロ友、絵チャ友のみんなのお陰♪
いつも通りに私を受け入れてくれて、それで気持ちが楽になりました。
ありがとう!!!

で、復活できたのですが。
このウダウダを創作の糧にできないだろうか…と思って考えたのがこの話。
いっ、いや!
気持ちがヒントになっただけで、こんな体験したワケじゃないから!!!!!←(何を言い訳ww)

2008/09/29 Mon. 22:08 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

さようなら……ルルーシュ(涙) 


終わった…
終わっちゃったよぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおお……………★

途中見ながら「妹の言葉責めに内心ハァハァしてるんだろ!このドMww」とかつっこんでたんですが(ちょ★
ゼロレクイエムとは、ゼロにルルーシュを殺させることだったとは……!orz
ギアスとは願い。
そしてルルーシュが一番願うことは人々の幸せ……
そのために自分を殺させるなんて、このドM!!!!!←(え★

ルルーシュの最期の顔はとても美しかったです。
とても…とても…(涙)

最期に最愛の妹にいいセリフたくさんもらえて良かったねwとかトーストくわえて走るベタすぎるカレンとか玉城さん開店おめでとうとかオレンジ畑でつかまえてとかwwwww
まぁ細かいところは色々ありますが。
取り急ぎルルーシュへの愛をイラストに込めたいと思います。
ありがとう…ルルーシュ………

2008/09/28 Sun. 16:19 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

貢物シリーズ8 


今回の貢物は、絵チャで私の娘や情熱的なラバーになってくれたりする(笑)もにさんのお誕生日祝です♪
もにさん、お誕生日おめでとう!!

こないだ可愛らしくおねだりされて描いてみましたw
リクエストは『中学生ヒバ山』
…結構難しかった…orz
ぺインターのマスターは間に合わなかったし、途中絵が描けなくなったりもあったし★
ゴメンね、絵チャ以外で描いてもこの程度なんだ(汗




んで。
これだけではラブさがないなーと思って描いてみたモノ。
こっちまで仕上げる根性なくてラフ画を写メしただけだけど…ww



キスさせてみた♪
まぁ、ちょっとしたオマケってことでww

2008/09/28 Sun. 11:05 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

Dグレ『COMPLETE BEST』 


絵チャ絵がついてますけど、音楽レビューです(笑)

ついついね、フラフラと買っちゃいました★
だって…だって…ラビがこっち見てんだもん!!!←(ヲイ★)

『D.Gray-man COMPETE BEST』
アニメDグレのOP、EDを集めたCD&DVDです。
番組も終わっちゃうってコトで出たようですね。
実は最近Dグレはあんま見てなかったのですが…(汗
それでもキャラや世界観は好きだし、主題歌達は楽曲的にオイシいところが集まってるので購入理由としては十分かな、と。
(誰に言い訳してる?)
(同じようにNARUTOもあんま見てないクセにベストCDは買ってますw)
DグレはOPはアップテンポでノリのいい曲、EDはミドルテンポの曲、と分かりやすい選曲してますね♪

ホントに好きな曲が集まりまくってるんですよ!!コレw
特に好きなのはUVERworldの『激動』だと今までこのブログ読んでくれてる人は分かってくれるでしょうが(笑)
absやsurfaceもかなり好きです!!

で、今回歌詞見ながらじっくり聴いてみて「うわぁぁぁぁあああん!!!!!」と思ったのが。

星村麻衣 『regret』



アニメ見てた時は歌詞は流して聴いてたんですが、ちゃんと意識して聴くと心にグッサリ刺さりました★
これ、昔失恋した時に聴いてたら絶対号泣してる!!!
歌詞の全てに「そうそう!そうなんだよ!!」とうなづいて切なくなりました(T_T)
アニメの内容と合ってるかは置いといて、いい曲です……♪


絵はブックレット見ていて描きたくなった神田。
人生初描きです。
(神田とマクロスFのアルトって似てるよねww)
自分の絵チャ室こもって一人で描きました。
最近絵チャでばっかり描いていたら他で描けなくなってきた★orz
ヤバい……そろそろぺインターに本腰入れなくては!!

2008/09/25 Thu. 00:43 [edit]

category: 未分類

cm 4  tb 0 

5時までカオス 

こないだ、はぎおさんの絵チャ室をいつものように覗いたら(いつも覗いてますw)
久しぶりにはぎおさんに会えたーーーーーーーー!!!(嬉♪

で、はぎおさんが一人でいるとこ襲ったんですが。
残念なことにはぎおさんはペンタブが使えない状況だそうで。
それで私がダラダラと落書きを描き続けたら。



こんななったwwwwww
最初は「山本にきゅんきゅんしてる雲雀」(笑)ってだけで描いてたんですが、周りにちょこちょこ描いてたらこんなコトにww
白蘭と草壁ははぎおさんがノートPCのタッチパットで描いたものです。
すげぇ!!

で、コレを消して。
今度は雲雀の視線の先にいる山本を描きましょう!となって描いたのがコレ。



実はコレ描いてる途中でとわさんがいらして。
更にもにさんも私を追って来て(笑)
神の二人に描いてもらわなくちゃ!!と慌てて終わらせたので非常にアッサリした絵になってますww

そんでとわさん、もにさん、私で描いたのがコレ。



そして本当のカオスはここから始まったのです……!(笑)

もにさんと私の熱愛ネタと、もにさんの描いた4歳武×15歳雲雀(笑)を元に妄想チャットが炸裂wwwwwwwww
4人で配役のままにゴールの見えないロードを突っ走ってしまって(笑)
この絵も結果的にものすごい加工がされてしまいましたwwwww
痛々しいんでキャプらなかったけど♪

どこまでも続くかに見えたカオスに終止符を打ったのは、はぎおさんのおばあちゃんwwwww
4時半近く(!)に起きてきたおばあちゃんがビックリしてる、とのコトではぎおさん落ち★
残った3人でなんか描いておしまいにしますか!で描いたのがコレ。



結局5時にお開き★
私の絵チャ最長記録となってしまいました!
家族には「今日は夜更かしする!」と宣言してたのですが…
目を覚ましたダンナに「それは夜更かしじゃなくて徹夜って言うんだ!!」と散々罵られましたとさww

2008/09/24 Wed. 01:20 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

執事喫茶へようこそ 

昨日の絵チャレポで~~~すwww



昨夜ゆみが絵チャに一人でいる所を襲いましたら。
もにさん、宗一さんが立て続けにいらっしゃった!!!!!
うわわわわわvvなんて嬉しすぎる組み合わせ!!
神しかいない!(私以外ww)とゆー夢のような状況に興奮していたら、もにさんてば更にこんな発言をwwwww

「宗一パパ、うっちーママ、ゆみお姉ちゃん」

…宗一さん、私の夫?!
あ、あの、憧れの宗一さんが?
そ、宗一さん……愛してるぅぅぅぅぅううう!!!!!!!←(注:宗一さんは女性ですww)
(もにってばなんてイイ子なのっ♪)

とまあ。
一方的に愛情を垂れ流しながら(ウザイ★)始まった絵チャww
ゆみが早々と画面4分割してくれたのですが、この日は特に回線が重く鬼畜に振りまわされて描き始められず★
やっと始めたらもにさんがROMに行くことになり、ゆみと宗一さんと私で描きました。

それがコレww



実はゆみと二人でいる時に黒執事のセバスと骸が似てる、とゆー話をしてまして。
そのせいかゆみが骸執事を描きだしましてww
そしたら宗一さんのスパナも執事になっててwww
それなら私も、とミルフィ制服だった白蘭を執事に変更wwww
結果『ドキッ!執事だらけの絵チャログww』になった次第です♪

執事が出来上がるまでにたくさんのお嬢様がご来店くださり、執事達に萌えてくださいましたww
私の白蘭は特に白スキーの紫鬼ちゃんが喜んでくれて♪
紫鬼ちゃんが来ると予想して描いたわけではないのですが…紫鬼ちゃんには白蘭センサーがついてるらしいwww




この後は落書きタイムへw



(キャラ崩壊注意!!!)
























だから注意ってwwwwwwww

ゆみが骸を変態にしたので(笑)私も白蘭の舌を出したりしたのだけれど。
宗一さんてばこんな萌えスパナにパンツを!!!!!!(ばくしょ★
こ、これに対抗するにはっ?!と焦ってたら、宗一さん「パンツにするかブラにするか迷った」と。
それだ!!とブラ猫耳にしてみましたwww

晒していいか迷いましたが、絡んで無いし裸でもないので全年齢対象だろうと意見がまとまったので(笑)
(全年齢向け変態wwww)

この後は描いてなかった人達で第2ラウンドいったようですが、残念ながら私はここで落ち★
もっと居たかったけど…とにかく幸せな夜でした♪
皆さんアリガトvv

2008/09/21 Sun. 18:24 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

黒執事第5巻発売記念ログ(って程でもナイ★) 


はい、黒執事の5巻がでましたね♪
私も買ったんで、浮かれて自分の絵チャ室こもってシエルとセバスを描いてみましたww

シエルもセバスも描くのは人生2度目。
そして黒執事絵を絵チャで描くのも人生2度目です。
なのに。
描いてたら1度目と同様に澪ちゃんキターーーーー!!!!!
私の絵チャ室、滅多に人こないのにどうして?!
澪ちゃんには黒執事センサーでもついてるんでしょうか?(笑)
それにしてもセバスを描くと分け目をジグザグにしたり頭頂部にナッポーをつけたくなるのは何故でしょう?wwwww

内容はカレーの執事様だった第5巻。
表紙はまさかの『黒寿司屋』でしたwwww
とうとうグルメ漫画になったらしい(笑)
でも黒マニキュアの指で寿司握るのはナシだぜ★大将!

2008/09/21 Sun. 09:49 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

神が揃いました♪ 

こないだの夜入った絵チャはゴーカなメンバー揃いでたまりませんでした!!
まさに神の集い♪


私が入った時いたのは、ゆみとうるはさん。
二人とも素敵なディノを描いていて、私はホクホクと視姦wしていましたら。
うるはさんがマザーストップで落ちることに!!!
そんで描きかけのディノがもったいないので恐れ多くも私が後を引き受けてしまいましたよ★
それがコレ。



左がゆみで、右が下絵うるはさん色塗り私(ある意味合作?)
ゆみの絵は優しい表情がイイですよねvv
雰囲気が柔らかくって、淡い色も深みがあるのが大好きです♪
うるはさんのディノはカッコよすぎ!!
ズキュン!とくるようなイケメンなので塗っててすごく楽しかったですww
特に金髪は延々と手を入れ続け、消すと言われなきゃ一晩中髪の毛描いてたかもしれないwwww
これもうるはさんの下絵が素晴らしかったからですよ!!!

で、これ描いてる間にゆっきーが来て。
そして・・・ましろさんもキタ!!!!!!
絵チャでお会いするのは初めてだったんですが、他の人のログ記事で「天使vv」との評判を知っていたのですねww
「会えたーーーーーっ!!」とテンションも高まり第2ラウンドへ。
(その間にゆっきー落ち・・・また絡みたいっす!)

今度は画面3分割して描きましょう、となって。
私は何描くか迷ってアミダで決めたりして(笑)
そしたら今度はもにさんキタ!!!!!!!
うわぁぁぁぁぁぁあんww神が次々と揃ってくるwwwwww
で、ゆみが自分のスペースを半分もにさんに分けて4人で描き始めました♪
私とましろさんは最初の予定通りツナ描きましたが、ゆみともにさんは「別ジャンルでもいい?」と幽白と遊戯王!ww
ハマってた頃の思い出話とかしながらカキカキして。
(それにしてもみんな若い・・・orz)
ハイ、完成がこちらです!!



みんなテイストが全然違うけどステキ絵ばっかりでシアワセwwww
ゆみは深い色合いが綺麗だし、もにさんは色遣いと線がポップ♪
ましろさんは「なんで絵チャでこんなほんわり描けるのーーーー?!」ていうくらい可愛らしく優しいvv
なるほど、こりゃ天使だわ♪
対して私のツナはドSだけどww(人柄が出るらしいwwww)

私も今回は上手い人に囲まれたからいつもより随分頑張りました!!
早いだけが取り柄でいつもは一番に描き終わるのになかなか終わらず★
ハイテンションになってたんで眠くなかったけど妙に疲れた・・・
気合いれて絵を描くって疲れるんですね・・・(今頃ナニ言ってる★)
でもホント、上手い人と一緒に描くのは刺激になりますv
よし、また頑張るか!!!

2008/09/20 Sat. 14:05 [edit]

category: 未分類

cm 4  tb 0 

映画『20世紀少年 第1章』 

昨日、子供が学校終わってから一緒に観に行きました。
映画の20世紀少年!!
私原作は立ち読みだけど(笑)制覇してます♪
子供も珍しく「観たい!」と主張してきました。
かなり力入れてプロモーションしてる作品のせいか(笑)人に「観にいく」というと結構「いいなー」って言われましたねww
(子供も担任に言われたらしいww)


大長編の映画化は最初から3部作予定。
で今回は2時間半近くあるのですが。
疾走感タップリで、原作知ってても「えー!どこで終わるんだろー!」とドキドキしましたww
浦沢直樹のストーリーテラーっぷりに改めて感心したり。
うん、コレは大人達が過去の自分と戦う物語。
何も無いけど希望だけが溢れていた子供に、多くの失望を知った大人が立ち向かっていくファンタジー。

主人公ケンヂが唐沢寿明って、いい男すぎるだろ?って思ってたけど。
情けない日々を過ごすケンヂが徐々に戦う意志を堅めていく過程を上手く演じていましたね。
ロッカー姿も割とイケてました(笑)
豊川悦司のオッチョは非現実的な渋かっこよさww
二人が「俺達は親友だ」とやってたシーンは妙にジンときました。
(腐った見方じゃないよ!)(笑)
ちょっとした脇役も一々豪華なのは流石予算のある映画ww
どのシーンも見覚えある人ばっかりや(笑)

そして、何より見事だと思ったのは…
漫画世界の完全ビジュアル化!!!
特に子供達の再現性がスゴいよ!
「史上最悪の双子ヤン坊マー坊」に至っては「よくぞここまで……」と感動した(笑)


子供も「1月に続き観にいこうね!」と楽しみにしてる第2章。
もちろん観にいく所存です♪

2008/09/19 Fri. 14:03 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

タカミン復活!!!♪ 


こないだ唐突に描けなくなったタカミンでしたが。
今日やってみたらフツーに描けました!!!
原因は分かんないけど、とりあえず良かった・・・♪
   ↑
(分かんなくていいのか?!)

んで。
安心してささっと描いてみた雲雀。
雲雀は頭の形にいつも苦労します★
あ、腕章忘れたwwww

2008/09/17 Wed. 13:25 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

9月前半にDLした曲 

今回の音楽紹介は4曲ですー♪


ではコレから。

Spontania feat. JUJU 『君のすべてに』



大ヒット曲ですねw
切ないメロディー、声、一途な想いが溢れてくるようなサウンド。
実はですね・・・
私、コレ初めて聴いた時から頭ん中をルルロロがグルグルしてくるんですよぉ!!!←(腐め★)
もう勝手にロロソングと認定していますww



近藤隆  『真紅の闇』



デタ★声優ソングwwwww
リボーンの雲雀役、近藤さんのアルバムの中の一曲。
いちお何曲か視聴した中から選んでDLしました。
雲雀の声よりは少し高めで甘い感じの声です。
で、コレは聴いてて獄ツナのイメージでしたww←(腐め★)


UVERworld  『恋いしくて』



UVERの新曲は別れた恋人を想う切ないバラード。
サビの盛り上がりにグッときますv
TAKUYAの少しかすれた声が胸きゅんwww


UVERworld  『over the stoic』

こちらは『恋いしくて』のCP曲。
残念ながら動画は見つかりませんでしたが(マニアックすぎたかww)
元々インストの曲をアレンジしてラップを加えていて・・・・・とにかくカッコいいーーーーーーー!!!!!!!
やっぱUVER大好きですvv
OOのOPも楽しみだなーーー♪

2008/09/16 Tue. 13:22 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

色々ピンチなソウルイーター 


ソウルイーター面白いですねっ!!!
興奮にまかせて一人絵チャにこもって描いてみましたよ♪
シュタインとメデューサvv
(カプ絵にあらずww)
しかしこの絵を描くのには思いもよらぬ困難が待ち受けていたのでした・・・

それは。


ペンタブがヘン★


なんか反応が鈍いっつーか、描いたのがすぐ反映されなくって。
最初回線が重いのかなーって思ってたんですが。
線カクカクだし、塗ってたら唐突に横に直線引かれたりするし、明らかにヘン!!!!!!!
まともに描けねぇよ!ぐわぁぁぁぁぁああああああ★orz
(昨日まで何ともなかったのに・・・)

何度も投げ出そうと思いました・・・
でも、ここまで頑張った絵を途中で止めるのは忍びなくて。
出来るところまで塗ってみました★
やっぱこの状態じゃ仕上げがハンパですけどね・・・・・(泣)

うあああああああああ★このままだったらどうしよ!!!
明日あたりぺインターのインストールしようと思ってたのに、肝心のペンタブがこれじゃ!!!!!
デスシティがピンチですが、私も十分ピンチです★


※9/16追記
散々な目にあったペンタブですが、どうもタカミンで使えないだけのようです。
gooのお絵かきツールでは問題ないし、今日インストールしたペインターでも何でもありませんでした。
でも・・・
タカミンでペンタブ使えないと絵チャできない・・・orz
タカミンとVistaの相性は悪いと聞いたことはありますが、そんないきなりくるもんですかね?

2008/09/15 Mon. 23:54 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

腐ログに注意★ 

こないだゆみの絵チャ室覗いたら、ステキなディノヒバ製造中だったのですよ!
きゃっvv
で「うっちーも何か描いて」と誘われて・・・
ついつい・・・・・・・
ツナスパをwwwwww

カプ絵が二つってダブルデートかみたいな勢いですが(笑)
萌えにまかせて描いていましたら、もうお一人入室。
おお、お仲間?と思い「こんばんはー」と挨拶したら・・・
即行退室!!!
えええええええええええええ?!
な、なに?
こんなホモがダブルの状態におののいて引いちゃった?!
とか焦っていたら・・・またすぐ入室してくれました♪

いらっしゃった方はるのあさんv
(別名柔軟剤ww)←(ゴメン★もうお約束だからww)
別にホモに引いたわけではなく(笑)鬼畜回線のせいだったようです。
(「慣れてますからww」と言ってくれたし♪)

そんな慣れた(笑)るのあさんに見守られながら描き上げたのがコレ。



描き終わって、ゆみと「お疲れ~」とか「キャプった!」とか「消すね」「OK!」とかやり取りして画面はまっさらに戻ったのですが。
そこでポケモンに気を取られてキャプってなかったるのあさんの嘆きが(笑)

とゆーコトで、ログUPしましたよん♪るのあさんww

2008/09/15 Mon. 12:18 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

昨日は行楽日和・・・? 

昨日は久々のお休みv
んで、こんな過ごし方でした♪

まず朝ご飯食べてから洗濯したり町内のごみステーションの掃除当番やったり。
その間に子供が皿洗い、ダンナが掃除したりして、片付いてからお出かけ。

天気もまぁまぁだったんでお花畑までドライブ!
綺麗でしたよ~~~~vv
では写真一挙掲載ww

















写真によっては暗いけど、なかなか見ごろでいいでしょ?

そこの売店にあった。



まりもっこりコーナー(笑)
いつの間にか「あおもりっこり」なんてのもあって北海道限定じゃなくなってる・・・!



お昼はこんな店で。



パンから手作りしてるスローなハンバーガー屋さんです。
ピクルスが意外な美味しさでしたv



その後は名水の里で水汲み。
この水でダンナがコーヒーを淹れます。

それから温泉で日帰り入浴。
露天風呂の写真撮りたかったけど・・・
一人になれた!と思って携帯取りに脱衣室戻ったらその間に誰か入る、とゆー繰り返しで断念★

帰りはスーパー寄ったり、子供が予約してたポケモンのプラチナ買うからと電器店行ったり。
電器店では私、ついにぺインター買っちゃったよ!!!
つ、使いこなせるかなぁ・・・ドキドキ★
今度ゆっくりいじってみます!!



そして夜は酒蔵でやってる和食レストランへ。
ココは改装してから初めて来たけど、店の中がゆったりと広くて気持ちいいです。
お味もマルvv



で、ここの売店で売ってる酒カステラがすんごい美味しいの!!
思いっきりお酒の風味がして(アルコール分4~5%あるらしい)(お菓子なのにww)
生地がきめ細かくてしっとりで、上質のチーズケーキみたいなんです♪
ハーフサイズ買っていこうかな・・・と思ったんだけど残念ながら売り切れ★
大きいのしかなくて、さすがにそれは食べきれないんで諦めました。



と、こんな一日でしたが。
問題は私が風邪ひいてて痰がらみの咳して咽喉をぜいぜいいわせて薬飲みながら、この行程をこなしたコトですな★
比喩ではなく胸が痛いです・・・
せっかくの酒蔵のレストランでも酒は飲まずにお茶と水。
家族が寿司だのステーキだの頼んでる横で雑炊とか食べてるし。
こんな体調でもスポンサーとして連れまわされるなんて。
・・・やっぱダンナじゃなくて私の方が家族サービスしてるとおもふ★

2008/09/14 Sun. 11:37 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

なばってみた。 


人様の絵チャばかり渡り歩いてる私ですが、たまには自分の絵チャ室でじっくり描いてみようと思いました。
それで描いてみたのがコレ。
『隠の王』の壬晴と宵風ですvvvvv

一応こないだ買ったイラスト集を参考にしてますが・・・似てないなorz

それから描いてる時は絵チャの割に頑張ったと思ってたんだけど・・・デッサンからして狂ってるなorz

うーーーーーん★今度スケブで改めてなばり修行してきます!!

2008/09/13 Sat. 09:05 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

スパツナ&ツナスパSS書いてみたv 

最近絵チャで妄想垂れ流しがヒドい私。
その妄想をいっちょ形にしてみようと思いましたww
リボーンでスパツナとツナスパの2本立てで参ります♪
(リバか!?)

※注意!!!!!!!
腐った人が書いてます。ホモとか苦手な方は即回れ右でお願いします★








ではスパツナは『勝手に未来編終了』ですww



【いつか君にめぐりあう日のために】


どおおおおおおおおんんんん・・・・・・・

腹に響くような轟音の中で目の前のものが崩れていく。
ツナはそれが自分でやったことだと飲み込めずにいた。
「やったな、ツナ」
ヘッドホンから流れるリボーンの声で我に返る。
「やったんすね・・・10代目!!」
いつの間にか獄寺も傷ついた体を支えながらそこに来ていた。
「獄寺くん・・・」
「俺達・・・俺達これで戻れるんすね!!10年前に!!!」
獄寺の声に答えたのはリボーンだった。
「ああ、また一人ずつ飛ばされるんだろーな。気をつけろよ」
ツナはハッとしたように瞳を見開いている。
「過去に・・・?ここから・・・?」
「そうすよ!・・・どうかしたんすか?10代目?」
ツナは答えず。
振り向くと隣の部屋に飛び込んで行った。
「え?あ!10代目っ!!」
獄寺の声も耳に入らず。

そこには傷ついた男が一人横たわっていた。
金色の柔らかな髪、目蓋を静かに開けると物憂げな淡い色の瞳があらわれる。
「やったな・・・ボンゴレ」
ツナに向けられた顔がゆるやかに微笑む。
「スパナ・・・俺・・・」
「あんたはウチが見込んだ以上の男だった。ウチはあんたを誇りに思ってる」
ツナの膝が崩れ、スパナの胸元に潤んだ瞳が押しつけられた。
「君が・・・スパナがいたから・・・俺・・・」
「何を泣いている、ボンゴレ」
スパナの指がツナの髪をくしゃりと撫でる。
「だって・・・俺は戻るんだよ・・・過去に・・・スパナがいない、過去に・・・!!」
ツナの瞳から次々と滴が零れおちる。
濡れた頬はスパナの手に覆われ、そしてそっと唇が合わされた。
「大丈夫だ」
「スパナ・・・・?」
スパナはポケットをまさぐると、一つの小さなネジをツナの手に握らせた。
「これ・・・?」
「持ってろ」
スパナはツナの瞳をのぞきこみ言葉を続ける。
「今度はあんたがウチを見つけてくれ。あんたが変えた未来で、大人になったあんたが」
「スパナ・・・」
「大丈夫、絶対分かる」
互いの腕が、互いの体を縛りつけるように絡められる。
「うん・・・そうだね・・・絶対・・・絶対見つけるから・・・!・・・君を・・・」

その瞬間。
スパナの腕の中で唐突に感触が消えた。
所在ない腕を伸ばして彼は呟く。
「待ってるぞ・・・ボンゴレ・・・」
胸に残った染みはまだ温かく、こんなにも愛おしい。



「いい天気っすね!10代目!」
「そうだね」
「こんな日は野球だよな!ツナ!」
「何言ってんだ!この野球バカ!」
「あはは♪獄寺くんやめなよ~~」
平穏な日常。
あの地下で命を張って過ごした日々が嘘のようだ。
「10代目、最近それよく持ってるけど何なんすか?」
獄寺の問いにハッとする。
ツナはカバンにぶら下げたネジを無意識に握っていた。
「うん・・・」
いつの間にかクセになってしまった仕草。
「これは、ある人に会うための・・・目印、かな」
「目印・・・すか?」
「うん」

獄寺が今一つ飲み込めない顔をしている時、山本が明るい声をあげた。
「あれー?外人がいっぱいいるなー。なんだろなー?」
向こうから明らかに外国人と分かる集団が歩いてくる。
ツナ達より幾分年上と思われる少年達だ。
「あれじゃねーか?隣の市でロボットのジュニアオリンピックとかやるって言ってたろ?」
「ああ、そーかー」
近づいてくる集団。
その中の、一番年少と思われる少年の姿を目にした時ツナの心臓は早鐘を打った。
金色の毛先がゆるくカールした髪。
退屈そうな淡い色の瞳。
口元にはキャンディーの棒が見える。
・・・彼だ。
まだ、少年の。

どく・・・どく・・・

ツナの心臓の音が響く。
他愛もないことで口喧嘩をしている獄寺と山本。
近づく外国人達。
ネジを握りしめるツナの手。
そして。

すれ違う。


「どうした?スパナ」
「あ・・・いや、別に」
「なぁ、スパナがいつも持ってるネジ何なんだ?」
「かまうな」
理由も分からず振り向いたスパナの視線を感じながら、ツナは歩き続ける。

そう、今は・・・まだ・・・

いつか
大人になった僕が
大人になった君とめぐりあう
その日のために
僕は歩き続けていくんだ



《FIN》


・・・なんか攻め受けがはっきりしなかった★
ま、エロくないしなww
妄想の中にはこんなピュアなのもあるんですvv






ではツナスパにいきますが。

※注意!!!!!!!!!!!!!!
次はぶっちゃけヤってるだけのSSです!!!

・18歳未満の方
・ホモ、エロが苦手な方

以上にあてはまる方は  即行避難してください★














大丈夫ですね?警告しましたよ?









ちなみにこっちのツナは超ツナなので、さっきと雰囲気違います。

では。


【I want.....】


「完璧な…Xバーナー……」

スパナは目の前に広がる凄まじい光景を確認すると満足げに目蓋を閉じた。
そのまま深い眠りに沈み込むかと思ったが。
一つの声が彼を引き戻した。

「スパナ」

ゆっくりと目を開ける。
「…ボンゴレ」
彼はツナの腕の中にいた。
「大丈夫か、スパナ」
心配そうに顔を近づけるツナにスパナは微笑む。
「あんたのXバーナーは凄かった」
「お前のお陰だ」
正面から力強い瞳で見つめるツナ。
スパナはそんな彼の首に腕を回した。
「スパナ…?」
「あんたはいつもウチの想像を超えてくる」
その視線は確実にツナを捕らえ。
「あんたから目が離せない。ずっと見ていたい」
髪に埋もれた指がツナの顔を引き寄せる。
「ボンゴレ…あんたが欲しい」


その言葉が口づけの合図だった。
お互い微かに開いた唇から、どちらともなく舌を絡め繋がっていく。
深く深く、追い求めて蕩けあう。
「ん……」
「…あ…はあっ……」
息があがり、潤んだ瞳で見つめ合う。
と、ふいにツナが目をそらした。
「あんた……」
スパナは自分の足に当たるツナの昂りを感じ、頬を紅潮させた。
「あんたも…ウチが欲しいのか?」
「…でも…お前の体が……」
「ウチは大丈夫だ」
スパナはツナの胸元のファスナーを静かに降ろし、そして露わになった肌に唇を落とす。
「あんたがウチを欲しがってる。ウチもあんたが欲しい。それだけだ」
ツナは黙ってスパナの上に覆い被さった。


「あ……はあっ……んっ……」
ぴちゃ……ぴちゃ………
喘ぎ声と湿った音が静かな格納庫に響く。
「……っ!ボン……ゴ…レ……」
「どうした?痛むのか?」
「ち、違……あ、あんた……うま…いっ……」
スパナの言葉にツナは舌の動きを止めた。
「やあっ……!や、やめるな……」
「続けていいのか?もう溢れそうだぞ」
ツナの手の中でスパナのそそり立つものが妖しく光っている。
「く……来て……ボンゴレ…」
「…ここに?」
ツナは自分の指を舐めるとスパナの閉じた蕾に指を差し入れた。
「んっ……!」
「ヒクヒクしてる」
「あ……あ…ゆ、指…増やして……」
「…淫乱」
噛みつくようにスパナと唇を合わせるツナ。
指はくちゅくちゅとスパナの奥を探り続けている。
「そ…そう……ウチは貪欲だから……あん………ああんっ!」
スパナの長身が跳ね上がる。
「…もういいか?」
快感で朦朧としたスパナがツナを見上げると、彼の瞳も欲望で濡れている。
「俺も…待てない」
「…うっ………あ、あ、あああああぁん!!!」
ツナのものがスパナにあてがわれ、それは奥へ奥へと進んでいった。
「…全部…入った?」
「ああ、お前の中…熱い………辛いか?」
「ううん……嬉しい………」
スパナの答えに満足げに微笑むツナ。
そして、動き出す。
「あん…あ、あ、あ……い……いいっ!!」
「スパナ…スパナ…」
「ボ…ボンゴレ………す………ああんっ!」
動くリズムは徐々にスピードを増し、二人の肌をぶつける音が湿った音と共に耳に響く。
「ん……も、もう……あん…ああんっ!」
「俺も……いく……っ!」
ツナの精はスパナの中で弾けた。
間もなくスパナからも、同じように白い液が散った。
二人はお互いの体液を愛おしげにぬぐい取る。


そして今。
二人は薄汚れた毛布にくるまり黙って身を寄せ合っている。
好きも、愛してるも、甘い囁きは何もなく。

それはやがて離れなければならない事を知っているから。
だから約束はできない。
お互い「欲しい」と欲望を口にするしかできない。

合わせる肌からは想いが溢れているというのに。



《fin》



あはははは~★
なんか「やっちまった」って気分です(笑)
まぁ18禁SS書くの初めてじゃないし、絵チャで会う人は私がエロいの知ってるだろうし…別にいいかww

しかし。
コレ3日がかりで書いたんですが←(こんなのを?!)
途中でまんまと風邪ひきました★
喉痛くて声がオッサンw
滅多に風邪なんかひかないのに何でこのタイミング……
天罰でもあたったんでしょうか?(笑)

2008/09/12 Fri. 10:06 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

せっかく買ったジャンプは有効活用しなければならない 

今週のジャンプにはヤられました★

なにしろ・・・
表紙&巻頭カラーが銀魂!!!
リボーンとDグレがセンターカラー!!!!!!

普段立ち読み派の私が即買いするほどデスよw

つーわけで、せっかく買ったんだからせめて絵の参考にさせてもらおうvv
と思って見ながら描いてみました。
題して
「(腐女子は)みんな好きだろう・・・?銀魂とリボーンとDグレは」(笑)

鉛筆画にサッと色つけただけの荒い仕上がりですがお許しを★


ではまずコレ、銀魂から。



今週私の中で突如湧き上がったカプ。
神楽の兄、神威と銀さんです!!
ちなみに神威は右向きの絵を無理やり左変換して描きました。
銀さんに至っては、ちょうどいいカットが無かったのでほぼ創作★つか別人★
(つか模写しても似ないんだけど・・・orz)
神威いいよ!神威vv
どうしてこうドSが好きなんだろな、自分ww(苦笑)

次はリボーン。



最近リボーンではツナたまのカッコよさにヤられていますvv
今週もたまらない展開で
「10代目サイコーっす!!一生10代目についていきますっ!!」と獄寺のような心境になりましたww
あ★しまった、コンタクト描き忘れたww

次はDグレ。



クロスの惨状にびっくりアレンたんです。
人気投票1位オメデトウww
アレンたんは悲惨な目にあってるか黒くなってるかがいいネv←(ひでぇ★)


と、楽しませてもらいましたが。
うわぁぁぁぁあああ!!
先週のどでしかでんに続いてダブルアーツまで打ち切られた!!!!!
しかもラブコメエンド★
まったくジャンプは容赦ない・・・orz
まぁ・・・今度の内水融さんの新連載に期待しましょう(カイン大好きでしたv)
今度は打ち切られないことを祈って★

2008/09/11 Thu. 12:33 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

獄寺隼人誕生日記念絵チャw 

本日9月9日はリボーンキャラ獄寺隼人の誕生日であります!!
きっとあちこちでお祝い記事とか出るんだろうと思って、私もゆみと「獄寺を描こう!」絵チャをしてみました♪
(昼間っからww)

で、獄寺誕生日なのに・・・・
「今週のジャンプのツナカッコいいいいいいいい!!!もうツナしか見えない!!!」から始まりwwww
コミックス21巻の話になると「すぱつなすぱつなすぱつなvv」とスパツナ萌えに走りwwww
自分たちでも本当に獄寺を描く気があるのかと疑問に思う展開(笑)

でもまあ気を取り直して♪
挑戦してみました、獄寺イラスト!!!!!
・・・・あれ?
・・・・なんか・・・・
難しすぎるんですけど!!!!!!!!!
あまりの難しさにごきゅと同じページにいたγアニキの腰つきとか描いてハァハァしたりと、どんどん『獄寺誕生日』から離れていく絵チャwwww

もういっそのコト「獄寺とカプになって欲しいキャラを描く!」と方針を変えて(笑)
獄寺のいない「獄寺誕生日祝イラスト」が出来上がりましたww



山本がゆみ、ツナが私です。
これ描きながら
「隼人、俺と結婚しようぜ」
「獄寺くんは俺のこと好きなんだよね?」
などと獄寺への愛の言葉を囁きまくりvv
この言葉がせめてもの誕生日祝ってコトでwwwww

こんなヘタレにつきあってくれて、ゆみ♪アリガトウ!!!

2008/09/09 Tue. 15:53 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 
2008-09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。