イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

『顔ちぇき!』食べ物編 

今までも記事にしたコトある『顔ちぇき!』
今度はなんと!
『どの食べ物に似ているか』コーナーができました(笑)

私の写メを送った結果…

『ビーフシチュー顔』

…好物ではありますが、真夏にはそそられない料理ですね…
そんなに暑苦しいですかそうですか☆
スポンサーサイト

2007/07/27 Fri. 07:29 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

今日の一萌え 

今日の萌え。
それは…
NARUTOのサソリですっ!!vv

元々原作の中で、サソリvsサクラ&チヨ婆のくだりは好きなエピソードだったのですが。
(つか燃える!)
アニメでサソリが一層美しくなっていたのにノックダウン☆
ダンナ子供と一緒に見てたのですが
「キレー…vv」
「ステキ♪」
「作画良すぎだよ、コレ!堪らんっ♪」
とか連発してました☆
やー、ホントにサソリの作画やたら気合い入っていたと思いません?
ビバ!美形♪
声がまた櫻井孝宏さんのクールボイスでどんだけ萌えさせるんだヨ!てなステキ振り♪
このようにステキすぎるサソリですが、死んじゃうのは分かっているので
(ギアスをかけてもらえば!)(違☆)
来週のスペシャルは録画しとこうと思いマス♪

2007/07/26 Thu. 22:01 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

Sound Episode4 『女の斗い』 

Sound Episodeシリーズも遂に『4』!
でも何回買っても何回買っても金のギアスが出ないうっちーデス☆
(えーと、ご存知ない方に説明いたしますと、CDのキャンペーンで応募券を集めてボイスカードプレゼント!てのがあるんですね。金のギアスなら1枚、黒のギアスなら5枚で応募できるのデス)

さてワタクシ、いつもはCDを携帯に入れて、携帯を聞きながらPCを打つとゆー書き方をしてるのですが。
今回携帯に入れるソフトが調子悪くてなかなか入らず☆
しょうがないのでPCで聞きながら携帯で打つとゆー方法で書きます。
(やりづらい…☆)
お送りするのはカレンvsC.C.の『女 の 斗い』
ドーゾ♪

カレン「ほら玉城、早く乗って!」
玉城「あぁ?こっちの車かよぉ!新しい方の車で行こうぜ、カレン。大体何で幹部の俺達が買い出しなんて」
カレン「いつだって人手は足りないのよ。文句言わない!」
玉城「で、どっから行くって」
カレン「横須賀。ハイドロラインが調達できたって。あと…藤沢で井上さんを拾って、それから」
C.C.「その前にピザ屋に寄ってくれ。腹が減った」
カレン「先にピザ屋ね♪りょーか‥い‥ええ?!」
玉城「C.C.!お前なんで乗ってんだよ?!」
C.C.「後から乗り込んできたクセに偉そうに言うな」
玉城「お前が俺達の車に勝手に乗り込んでたんだろう!」
カレン「そぉよ!これは黒の騎士団の車なんですから!大体あなたは黒の‥」
C.C.「前」
カレン「へ?!あぁ!」
キキィィィッ!!
玉城「あっぶねえなあ!オイ!」
カレン「‥乗っちゃったのは仕方ないけどピザ屋には寄りませんからね!」
C.C.「心の狭い女だ」
カレン「なっ…!」
玉城「カレン!!ハンドル!」
カレン「うわぁぁあっと!☆」
C.C.「きちんと運転しないと死ぬぞ」
カレン「その時は一蓮托生です」
C.C.「どうかな」
カレン「え?」
玉城「なぁ、いい機会だから教えろよ。C.C.お前ってゼロの愛人なんだろ?」
キキィィィッ☆
玉城「勘弁しろよ!オイ!」
カレン「だって!アンタ何聞いてんのよ!?」
玉城「お前だって気になってんだろ?」
カレン「べ、別に。私は」
玉城「どーなんだよ、C.C.そーなんだろぉ?」
C.C.「私とゼロの関係は、ただの契約だ」
玉城「ハッハーア♪ビンゴじゃねぇか!じゃゼロの顔も見たことあんだろう?ベッドじゃ被ってねぇだろうからな♪…いや、被ってたりしてな。アッチの方は☆あっはっはぁーあ♪」
カレン「おい」
玉城「あんだよぉ」
ばきっ☆
玉城「あっぶねえだろ?!勝手にドア開けんなよ!俺が落ちたらどーすんだよ!」
C.C.「はあーーーっ!!」
玉城「え☆ちょ、ナニ、オイ、ぁ…」
バタン!!
カレン「ちょっと!何仲間蹴り落としてんのよ!」
C.C.「下品な男は嫌いだ」
カレン「だからって死んじゃうでしょ!」
C.C.「そう言いつつお前も車を止めないな」
カレン「そっ…それは受け渡しの時間が迫ってるから」
C.C.「だったら構わないだろう?女同士楽しいドライブと行こうじゃないか」
カレン「任務ですから、楽しい必要はないと思います」
C.C.「面倒な女だ☆お前だってゼロの素顔を知りたいクセに」
カレン「えっ……別に。彼がどんな顔をしていようと私の心は変わりません」
C.C.「そうか。ゼロが好きなのか」
カレン「うぐっ☆」
キキィィィッ!
C.C.「おい!しっかり運転しろ」
カレン「アナタが変なこと言うからです」
C.C.「では嫌いなのか?」
カレン「そんな事言ってません」
C.C.「なんだ。やっぱり好きなのか」
カレン「そうじゃなくて…アナタ、0か1しかないの?!」
C.C.「お前はゼロだけあればいいんだろう?」
カレン「言葉遊びしないで。大体アナタはどうなんですか?!ゼロが好きなの?それとも…その…」
C.C.「体だけの関係か?」
カレン「やっぱり愛人?!」
C.C.「いや。一言で言えば共犯者だ」
カレン「そんなの私だって。黒の騎士団はみんなゼロの共犯者よ」
C.C.「違うな、それは。私はゼロという存在そのものの共犯者だ」
カレン「何それ。自分はゼロに一番近いって自慢?」
C.C.「いや。アイツは最も大切な女を巻き込まない。私は範疇外という事だ。契約はいい。友情や恋と違って明確だからな。それ以上でも以下でもない」
カレン「寂しくないの?そんなの」
C.C.「お前は知らないのだ。本当に寂しいというのがどういう事かを」
カレン「C.C.、アナタ…」
C.C.「ふっ、喋りすぎたか。忘れろ。今の話は」
カレン「そんな勝手な」
C.C.「その代わりお前がゼロに惚れている事は黙っていてやる」
カレン「なっ…!私はそんなふしだらな動機じゃなく純粋にゼロを尊敬して!」
C.C.「前」
カレン「え?あ☆」
がっしゃあん!!☆

C.C.「帰ったぞ。ルルーシュ」
ルル「やけに遅かったな。カレンと一緒だったらしいが」
C.C.「気になるのか?カレンの事が」
ルル「別に」
C.C.「可哀想に☆」
ルル「…何の事だ」
C.C.「いや、なかなか面白い話ができたぞ。ゼロの顔について、とかな」
ルル「おい…何を喋った」
C.C.「話す訳にはいかないな」
ルル「なに…?」
C.C.「そういう契約なんだ。女同士の、な」

カレンの運転怖すぎ(笑)
そして玉城は無事なんでしょうか?(笑)

他に収録されているのは
時間限定配信した『王 の 名前』
スザク大好きなルルとにゃーにゃー姉妹のお話デス♪(え☆
そしてチビなルルスザ&ナナリーの『はじめて の 友達』
コイツら『はじめて』かよ!泣けてくるよ!
その上デブキャラネタって(笑)
ナナリーをゲンブの嫁問題はルルが交渉してどうにかしたらしい。
スゴイな!一国の首相相手に!
でも交渉の事を話すセリフがユフィと被っていたよ☆ぁぅぁぅ(涙)

キャラソンはカレンの小清水さん。
カレンのコトだからさぞアツい曲かと思えば、可愛らしいアイドルPOP風。
『プラチナソウル』ってタイトルや歌詞はカレンらしいんだけどね☆
(ラジオで福山さんが「プッラチナソォォオルッ♪」とウソ歌熱唱してました)(笑)

ジャケイラの、夕暮れの海にアンニュイに佇むカレンとルルはステキでした♪
つかルルのパンツ随分ローライズだな、下着もローライズのビキニだからなとか思ったのは私だけですかそうですか☆
次回の『Sound Episode5』はジャケイラ、キャラソン共にミレイ!
楽しみですね♪

パトラッシュ・・・僕はもう疲れたよ・・・
力尽きたのでツッコミは後日追加します☆

2007/07/25 Wed. 22:45 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

ルル猫祭りver.カワユスvv 


前記事の写真じゃ小さすぎて分からないので『ギアス占い』のルルのアップ♪
1コだけ買ってコレってラッキー♪
ネット先行試写会当選の幸運が続いてるんでしょうか?

2007/07/25 Wed. 14:10 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

今日のお買い物 


今日は休みでお買い物してきました。
ナニを買ってきたかとゆーと♪

まずは
ルルが表紙の『アニメージュ』と『NEWTYPE Romance』!
コードギアス黒本が付録の『Newtype』!
(イイ年して買いすぎだろヨ☆)
本日発売のCD『コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 4』!
そして珍しくキャラグッズで『タブレットカバー』!
(カレンのウサギシールのイラスト付き♪)
(「REFRAIN」と書いてあるので中毒に注意しなければ)(笑)
これまた珍しくマスコットの『ギアス占い』
な、なんと!
シークレットの『ルル猫祭りver.』が出ましたよ~~~♪vv
スッゴい可愛い♪

おっと☆オタクな買い物だけじゃありませんぜ♪
長年使っていたプラダのショルダーバッグがボロボロになってきたんで替わりのバッグも探してきました。
そんで今度はアナスイ(要は好みに合えば何でもいいんです)
後ろの黒い袋はアナスイの。
しかしコレを見つめていると…
「黒地に紫のロゴ…ルルの髪と瞳の色だぁ~~~♪」
と、コレだけの事で萌えてしまうのですね…☆
我ながら重症すぎる…orz

2007/07/25 Wed. 13:58 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

妄想SS:大人の恋の始め方 

今回のSSはミレイが主役のラブコメ♪…になればいいなぁ~☆
(行き当たりばったりで書いています☆)

*************************************


ミレイ・アッシュフォードは人気者♪
頼りになる我が学園のスーパー生徒会長♪
どんな悩みもホラおまかせ♪
経験豊富なミレイ・アッシュフォードが即解決♪


「…それはまずアナタの気持ちを伝えなくっちゃ!」
昼休みの校庭の隅。
ミレイは今日も生徒会長、というよりヨロズ悩み相談員として生徒の悩みに応えていた。
得意ジャンルは『恋愛』
「そう…でしょうか?!」
「そうよぉ!何事も頭で考えてるだけじゃ始まらないの!」
自信たっぷりの回答。
「わ…分かりました!私やってみます!」
「よしっ♪その意気よ!」
締めは極上の笑顔。
「でも…すごいですね、会長って」
「え?」
「だって私達と同じ高校生なのに、こんなアドバイスができるなんて。やっぱり経験豊富な方は違いますね。大人の方と婚約もされてるし」
ミレイは口を開きかけたが言葉が見つからず、相談者は笑顔で一礼すると去っていった。
「けいけん…ほうふ…なの?私…」
確かに見合いの経験だけなら百戦錬磨だけど。
見合いは如何にして相手に断らせるかとゆー戦いであり、
いわゆるフツーの『お付き合い』は実は未経験である。
大人っぽい外見からよく誤解されるけど。
悩み相談室ができるのは人間ウォッチングと耳年増の賜物である。
(婚約してる…って言ってもねぇ☆)
ミレイの婚約者、ロイド・アスプルンド伯爵との出会いはこれまた見合い。
しかも会って5分で即決と、コンビニでの買い物といい勝負のスピード。
彼の目当てがナイトメアという特殊な事情ならではだ。
丁度母が泣きついてくるのにウンザリしてきた所だったので一応プロポーズは受けたが、その後会ったのは2回…3回?
それもデートなどではなく、彼の用事のついでに偶然顔を合わせた程度。
(ホント…変わってるよねぇ☆あの人は)
今までの見合い相手は皆紳士的に振る舞いながらも『女子高生』のミレイに対する下心を滲ませていた。
なのにロイドときたら婚約したこと自体が信じられないような淡白さ。
その時ミレイの頭にある考えがよぎった。
「…もしかして私、女として魅力ない?!」
いくらナイトメア目当てとはいえ、向こうからプロポーズしてきたのにアクション皆無。
「もしかしたら今までの見合い相手も私がやりすぎたんじゃなくて魅力がないだけなのかも…」
晴れ晴れとした校庭の隅で一人暗雲を背負ったミレイ。
しかしいつまでも落ち込んでいないのがガッツの魔法使いの彼女である。
「よぉし…こうなったらヤツをその気にさせて、恋愛経験とやらを積んでみようじゃないの!」
一人で高らかに宣言するミレイ。
幸い敵(?)はアッシュフォード学園の目の前の大学にいるらしい。
「思いたったら吉日」
咲世子さんに教えてもらったんだけどイイ言葉よね♪

見合いの時来た場所。
あの時は招かれて案内されてだから堂々と入っていったけど、さすがに場違いで気後れする。
と、と、弱気は禁物!☆
ドアの陰からそっと彼の姿を覗き見る。
彼はひたすら鼻歌を歌いながらキーボードを叩き続けている。
楽しそうだなぁ…仕事が好きなんだなぁ…
コラ!だからアウェイに飲まれてる場合じゃないって!!
何しろコッチはリサーチ済みなんだから!
そそそ…
思いっきり外面モードの声と笑顔で挨拶。
「こんにちはぁ♪」
「あら…えと、ミレイさん。いらっしゃい。どうなさったんですか?」
反応したのは彼ではなく部下のセシルさん。
ヤツはあろうことか上機嫌でモニターに見入ったまま。
負けるもんか負けるもんか☆
いくわよ!好感度アップ♪
「いつもお仕事大変だろうなと思って…差し入れを。よろしかったら召し上がってください」
一呼吸おいて決めのセリフ。
「パティスリー・フルールのふわとろプリンなんですが」
瞬時にこちらを向き飛びつくように近寄ってくるロイドさん。
「あ♪い~ねぇ!丁度休憩しようと思ってたんだよ~♪」
ふふん♪お見合いのセッティングしてくれたおば様に聞いといたのよ、好物を!
…こんな物でしか釣れないなんて寂しい気もするけど…☆
「…お茶…煎れてきますね…」
「セシルくん、よろしく~♪」
あれ?なんかセシルさん…伏し目がちに出て行った。
ふとロイドさんのキーボードに目をやると、横に手作りっぽいお菓子…なのか料理なのか分からない皿が全くの手付かずで置いてある。
あれ…セシルさんが作ったのかな…
もしかして私、悪いことした?
…んんん!弱気は禁物!

「うんvvうんvvコレ本当に美味しいよね~♪」
セシルさんの憂い顔を知ってか知らずか、ロイドさんは幸せこの上ない顔でプリンを頬張る。
この年の男の人でもこんな子供みたいな顔するんだなぁ…
見ているこっちも幸せな気分になる。
セシルさんには悪いけど持ってきて良かった♪
そんなホノボノ気分でいるといきなり。
「は~ご馳走様♪ミレイさん。じゃあまた~♪」
へ?!
あれよあれよと言う間にどんどんドアの方に押しやられる?!
ちょ、ちょvvvv待った!
コレじゃ何のために来たのか!
このナイトメアオタクにはハッキリ言わないと伝わらないらしい☆
「あ、あのですねロイドさん。私達婚約してるんですよね?」
「うん♪」
「ですからお互いをもっと知るべきだと思うんです」
「それで?」
「だから…お付き合いを…」
「お付き合い?……ああ!」
ロイドさんの顔が怪訝なものから急に晴れやかなものになった時。
彼の左手がいきなり私の頭を引き寄せた!
「え☆ちょ…」
問いただす間もなく唇が合わされる。
彼の舌が私の口に柔らかく差し込み、私の舌に絡みついた。
うわ…いきなりディープ?!
…やだ…なんか…コレ、気持ち良いんですけど…
気がつくと彼の左手は私の耳を弄び、右手は私の腰を絶妙なタッチで這い回る。
ダメだ…なんか…力が抜けていく…
唇を離されると崩れそうになる私をロイドさんが支える。
はぁ…☆
ナイトメアオタクって言ってもやっぱり大人なんだぁ…
「『お付き合い』は今日はこの位にしてくれるかな?じゃあまた今度ね♪」
熱に浮かされたようになった私は、ロイドさんにニッコリ笑顔でドアの外に押しやられるままになっていた…☆

ドアの閉まる音で我に返る。
ちょっと!
『じゃあまた』って、次に会う約束も何もしてないじゃない!?
くそう…☆
そろりとドアの隙間から中を覗く。
「職場であんなことして不謹慎です☆」
あちゃ☆セシルさん怒ってる?
「見てたんだ♪」
「あんな場所なら当たり前です!」
「君もして欲しいの?」
「な、なにバカなっ…」
「君にはしないよ」
真っ赤になったセシルさんの言葉を遮るように冷たく言い放つロイドさん。
「…え」
「君は僕の後ろに誰かを見てしまうだろうから。だから、しない」
セシルさんは一瞬切なげな瞳をしてから静かに答えた。
「そうですね…」

はぁ………
大人の恋って…ややこしそうだな……☆
私にはまだムリだ。
淡い初恋にすらケリを付けていない私には。
幼い頃から「アッシュフォード家のため」と言われ続け色んなものを諦めてきた。
思いを伝えても先は無いからずっと片思い……
「私は…婚約者にまで片思いするのかなぁ…」
夕陽に目を細めながら大学の門を通り過ぎる。
ふと先を見るとルルーシュが学園に向かって歩いて来た。
「ルルーシュ…」
「あれ?会長、今頃こんな所でどうしたんですか?」
「ん、ちょっとね♪…そっちはシャーリーと待ち合わせしてたんじゃなかった?」
「来なかったんですよ。何か事情でもあったんでしょう?」
「淡白だねぇ☆ま、そこがシャーリーにはイイのかしら」
「からかわないでくださいよ☆」
二人で軽く笑いあう。
そう、今はまだこれでいい。
こんな日が…もう少し続けば……
それだけが、私のささやかな願い。


*************************************


ロイミレかと思わせてロイセシ、ルルミレ風味で終わる方向性の無さ☆(苦笑)
時系列としては22話前半あたりデス。
ちなみに以前書いたロイミレSSとは全く繋がりナシ☆

2007/07/25 Wed. 00:08 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

こんなキャラがツボです♪ バトン 

ハトははさんから回していただきました♪
『こんなキャラがツボです バトン』
さ~~~あ、私のツボは???ドコだ?!


★貴方のツボにくるキャラの性格は?

優しそうでいて何を考えているか分からない人とか。
悪ぶってても抜けてる人とか。
善でも悪でもないのがいーです。

★髪の色は? 

黒or金or銀。
…の人が多いかなぁ?
まぁ似合ってたらイイですよ♪

★目の色は? 

似合ってたら何でもイイですよ♪
つかアニメキャラってロングカットになったら目の色なんか分からんでしょ?

★髪の毛と目の色のベストな組み合わせってある? 

金髪にはブルーかグリーン。
黒髪には紫。
(何でもイイって言ったクセに☆)

★ツボにくる声って? 

どんな声っていうよりも、キャラと演技と声質がマッチングした瞬間ですね♪
ハマっていれば天然でも優しさ一杯ソフトでも冷酷ハードでも萌えますvv

★ぶっちゃけ好きなキャラの名前をあげちゃってください。

…いいんですね?あげちゃって。
どうなっても知りませんよ?(え☆

「コードギアス」のルルーシュ以下多数!(おおざっぱな☆)
「銀魂」の銀さん!沖田!
「地球へ…」のシロエ!ソルジャーブルー!
「グレンラガン」のヴィラル!
「リボーン」の六道骸!
「BLEACH」の浦原さん!ウルキオラ!
「Dグレ」のラビ!クロス!
「ライディーン」の前田崎!
「NANA」のタクミ!
「BLOOD+」のソロモン!
「シュバリエ」のロベスピエール!
「トリニティブラッド」のアベル!
「ウイッチブレイド」の瀬川!
「金色のコルダ」の月森!火原!
「ゴーストハント」のナル!
「おお振り」の阿部!
「ホスト部」の環!
「エウレカセブン」のドミニク!
「最遊記」の三蔵!八戒!(カプにあらず☆)
「ガンダム種運命」のレイ!

…ふっ☆こんなトコロで勘弁してやるか♪←(ナニを?!)

★ツボなキャラの年齢は? 

自分より年上設定のアニメキャラがほとんどいない年齢ですが何か?

★貴方のツボなアイテム。 

長い前髪…かな?
リアルではウザいだけデスけど☆

★最後にこのバトンを5人に回してね。 

受け取っておいて放置プレイ(笑)
興味のある方どなたでもドーゾ♪


好きなキャラをあげていくのは楽しかったデスvv
ハトははさん、さんきゅう♪
(コードギアス別室作ったらコッチのネタに困るようになったし)←(ヲイ☆)

2007/07/23 Mon. 13:26 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

マジメSS:ナナりーの見る夢 

今回のSSの主人公は暗黒主人公の妹ナナリー。
ルルが溺愛している彼女ですが、皇帝並みに何考えているのかナゾなキャラですよね☆
彼女の心の中に迫ってみたいと思います。


柔らかな風の香りに振り向くと一面に咲き乱れる色とりどりの花々。
足下はフカフカした芝生の感触。
嬉しくなった私は思いっきり駆けだす。
「ダメだよ!ナナリー、そんなに急いじゃ…」
「ふふ、ナナリー!お兄様が追いつけなくて困ってますよ」
後ろを向くと息をきらしたお兄様と微笑むお母様。
うふふ、こんなに空が青くて風が気持ちいいんですもの。
少しくらい走り回ったって良いでしょう?
さあお兄様、追いかけてきて!
「危ない!ナナリー!」

ーーー突然の暗転。
ナナリーはそれで自分の目が覚めた事を知った。
サイドボードにそろそろと手を伸ばし、置き時計のスイッチを押す。
『午前、2時、27分、です』
無機質な電子音声が時を告げる。
まだ暗い時間だ、目の見えない自分でなくても。
その事はナナリーにとって小さな慰めだった。
ナナリーは一つ大きな息を吐き、今まで過ごした夢の世界の美しさや暖かさを想った。
あの幸せな、そして悲しい夢。
もうあの日々は戻らないと知っているから。
いつものナナリーは、こんな夢を見た時はもう寝ないようにしていた。
色鮮やかな世界が恋しくならないように。
でも今日は…
先が長すぎる。
色を失ってからの楽しい思い出を数えるだけでは持て余してしまう。
心をかすめる先程の色の誘惑。
もう一度…
あの世界で遊んでみようか…
あの鮮やかな世界で。
ナナリーは沈みゆく眠りにその身をまかせた。

「ほら、ナナリー」
差し出されるお兄様の手。
頭が良くて優しくて自慢の、でも心配性のお兄様。
瞳は他のお兄様やお姉様達と同じ綺麗なスミレ色。
髪はお母様と同じ艶々とした黒。
お母様…
お母様の波打つ黒髪は私の憧れ。
私が同じ髪の色にならなかったのは残念。
でもお母様はいつも私の髪を優しい手で結ってくれる。
「ナナリーの髪はお日様の色。ハチミツの色」
歌うように。
大好きなお母様。
その背中に向かって私は駆けだす。
振り向くお母様は何か大声で叫ぶ。
私を抱きかかえる。
急に音を無くしモノクロとなるスローモーションの世界。
そして。
鮮やかに。
目の前に広がる赤。

「きゃああああああああああ!!!」

「ナナリー!大丈夫か、ナナリー!」
気がつくと漆黒の世界で、手には力強いぬくもり。
ルルーシュが悲鳴を聞きつけて急いで飛び込んできたらしい。
「あ…お兄様…」
ナナリーの正気に戻った声に安堵の溜め息。
「どうしたんだ…?ナナリー」
「ごめんなさい、お兄様。夢を…」
「夢?どんな…」
声に心配が滲んでいる。
あの頃とは声も変わり背も随分伸びたであろうが、変わらず心配性で優しい兄。
「…大きなゴキブリがたくさん襲ってくる夢です」
ルルーシュの苦笑。
そう、心配をかけてはいけない。
母の死以降の出来事で自分と同じく、またはそれ以上の心の傷を負った兄には。
でも。
「お兄様、眠るまで手を握ってもらって良いですか?悪い夢を見ないように…」
「ああ、いいよ。ナナリー」
大きな手をそっと握りしめる。
いつか遠くへ行ってしまうであろうこの手を少しでも引き留めたくて。


朝。
食事の席にルルーシュの姿は無かった。
「咲世子さん、お兄様は…?」
「用があると言って早くにお出かけになりましたよ。ルルーシュ様もお年頃ですから…デートかもしれませんね」
「デート…なら良いんですけど…」
「あら?ナナリー様はお兄様をとられて寂しくないんですか?」
「少しは寂しいですけど、お兄様も子供じゃありませんし。私、お付き合いしてる方にお会いした事もありますから」
メイドが意外そうに目をむく。
「まぁ!どんな方ですの?!」
「素敵な方でしたよ。お兄様より年上のようでした」
興味津々で身を乗り出すメイドをよそにナナリーは言葉を続ける。
「それより、今はあちこちでテロがあるでしょう?巻き込まれないか心配だし、もし…お兄様が関わったりしたら…」
メイドは不自然とも思える長い間をおいてから問いかけた。
「ナナリー様はこの世の中がどの様になれば良いとお思いですの?」
唐突な質問にナナリーは迷いのない声で答える。
「お兄様が過去に捕らわれず、ご自分の望みを叶えられるような世界です」



なんとなくナナリーはルルがブリタニアへの反逆を考えているのが分かっている気がします☆
実際に何かやってるかどうかは知らなくても。
そして反逆がルルの救いにならないという事も分かっているのでは。
この兄妹はお互いを思い合うあまり傷に触れられず、本音で話が出来てないと思いますね。
悲しい・・・☆

2007/07/23 Mon. 13:03 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

コードギアス24&25話を妄想してみるw 

コードギアス24、25話放送も着々と近づいてまいりました♪
私の住む北海道は8月4日☆
待ちきれないのでネット先行試写会を狙っていマス。
(もちろんTV放送も見る気♪)
さて多くのファンがそ~でしょ~が☆私も本編放送が中断していた間色々展開に思いを巡らせていた一人。
んで私の考えていた展開を試写会の前に記事にしときマス。
予想とゆーより妄想の断片デス(苦笑)


・記憶を取り戻したヴィレッタは軍に戻り戦場で扇と邂逅、決別へ。
コレは大半の人が予想してるでしょ~ね☆

・ギアスの力に操られたダールトンはコーネリアを暗殺or拉致するために軍に戻るが失敗。コーネリアはダールトンの様子から人ならざる力を感じる。
23話レビューでも書きましたが、燕。さんがおっしゃっていた「ダールトンにギアスがかけられた説」はかなり有力だと睨んでいマス☆

・復讐に燃えるスザクはV.V.と契約しギアス能力者になる。
スザクの身体能力にギアスときたら無敵ですね☆

・戦場の混乱の中でナナリーが死亡or行方不明に。しかも原因はルルが自分を責めてしまうような事。例えば不安に駆られたシャーリーがナナリーにルルがゼロである事を話し「学園は大丈夫だよね…?」とか言って、思い当たる節がないワケではないナナリーが「お兄様!!」とか叫んで一人で外に出て戦乱に巻き込まれる。
コレを思いついたのは「ハンニバル・ライジング」を読んでいて。
異様に頭がいい少年ハンニバルが妹を可愛がる様子にルルとナナリーを重ねてしまい。
結局妹は死んでしまうのですが、その時漠然と「ナナリーも死んじゃうかも」と思ったんです。
そう思いついてから考えてみると「ナナリーの死」ってルルの行動原理から崩される事態で、コレ以上ルルを突き落とす事は存在しない。
私は24、25話でルルがとことん突き落とされて、でも浮上のキッカケを掴みそうな所で続編に進むと考えているのでコレはアリだと思います。
それから…コレは根拠になるか怪しいですが。
22話放送前に出たニュータイプで「続編決定!」の記事に声優さん達のコメントがあったのですが、ユフィ役の南さんのコメントが無いのですね。
「メインキャラなのに何で?」と思っていたらユフィはあのような事態となり。
そして改めてその記事を読むと…無いんです!名塚さんのコメント☆
ますます「コレはホントに…?」とドキドキしてマス。

・黒の騎士団はブリタニア軍に壊滅的に近いダメージを与えるが、ギアスの力を手にしたスザクにより逆に追い詰められる。その時ルルの元に「ナナリー死亡(or行方不明)」の報が入り、動揺するルルの下で混乱する黒の騎士団は撤退。
スザクはイレブンの英雄と讃えられるが、ギアスの力により新たな心の闇を背負っていた。

・カレンは黒の騎士団が戦火の中バラバラになっていく時、ゼロを助けようとする。しかし後少しゼロに届かず…その瞬間ゼロの仮面が外れ表れたルルの顔!茫然とするカレンを置いてルルはC.C.と闇に消える。

・ルルとC.C.が向かったのは神根島。(コレは公式HPの予告に書いてありました☆)二人はそこでギアスについて調べようとしたが、皇帝の命を受けたシュナイゼルがC.C.を奪う。その時活躍するのが改造オレンジ☆

・ナナリーも黒の騎士団も無くし絶望の淵にいたルルはC.C.を奪われた事で更に復讐心を燃やす。
なんとか逃げ延びたルルは中華連邦のロン毛あたりに拾われて新たな戦いへと挑む。

・そして続編は。
「○年後」
負けはしなかったが勝てなかったブリタニアの中で英雄視され、その地位を高めていったスザク。
しかし彼は自分の周囲への影響力が高まるにつれ世界が理想から離れていく事に憤りを感じていた。
対してルルーシュは隻眼のテロリストとして世界を暗躍。
ブリタニアの支配する世界の崩壊と、彼の最後の安らぎとなるC.C.の奪還を虎視眈々と狙っていた…


なんてな!!
あくまでも妄想デス☆
希望はコレの斜め上くらい♪
どれか当たったら誰か誉めてください(笑)

2007/07/20 Fri. 22:49 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

DEN-OHがとまらない♪ 

この間ケロロ軍曹の電王パロに反応しましたが☆
今度は銀魂がやってくれましたYO!!(笑)
(つかサンライズ?)

S王子沖田(CV:鈴村健一氏)が神楽と対決シーン(つか虫キングバトル?!)
目が紫に光り「倒しちゃっていいですかい?おっと☆答えは聞いてないですぜ」
!!リュウタロス~~~~~~!!!vv(爆☆
違和感なさスギ!
ケロロの関さんに続きオフィシャル感タップリで堪らんデス♪
いきなり踊ってくれたりしたらもっとGJだったのですが(笑)
あ、沖田とリュウタロスって己の欲望(笑)に忠実なトコが似てますね♪
どっちもお姉ちゃんラブvvだし(笑)

電王パロは「ハヤテのごとく!」でもやっていたとゆー噂。
(見てないケド☆)
暴走特急のように勢いがとまらない電王デス♪

2007/07/19 Thu. 22:35 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

リアルおお振り…? 

夏の高校野球。
日本全国で代表を決めるための闘いが繰り広げられていますね。
北海道でも新聞の地方欄を賑わせています。
南大会、駒大苫小牧はコールド発進と今年も活躍が期待できそうです。

北大会は、今年春の選抜にも出場して夏も代表となるか?!と期待されていた旭川南高デスが。
なんと下馬評でまったく名前の上がっていない高校に大差で敗れました☆
南高のエースいわく「どうして打たれたのか分からない…」
しかし記事にはシッカリ書いてありました。
彼らが南高を攻略するために研究しつくしてきたコトを!!
エースの速球に狙いを決めて至近距離からのバッティング練習とか、監督がバッターのクセを分析してバッテリーが必死で覚えたとか。
多分南高は露出が多いから準備できたんだと思いマス。
…ね!スッゴい『おお振り』ぽい話でしょ!?

彼らは中標津高校。
もしも代表になれたら応援してみよう…かな?

※7/20追記
中標津高校は準決勝で残念ながら敗れました☆
西浦高校はどこまでいけるかな・・・?

2007/07/18 Wed. 12:50 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

Sound Episode4 『王の名前』 

さて、今回の時間限定配信Sound Episode 『王 の 名前』はアッシュフォード学園生徒会室でスザクを主食としているアーサー(笑)の名づけのお話。
生徒会メンバーでアレコレ名前を考えるのだけど、実はにゃーにゃー姫がもう名前を付けていてスザクはその名前にしたいけど言い出せず・・・。
結局ナナリーも『アーサー』と名づけていたため結果オーライ☆とゆー展開でした。

今回も色々楽しかったですね♪
メンバーそれぞれで考える名前にも個性が出るとゆーか。
シャーリーは「目の周りが黒いからパンダ」
カレンは「猫と言えばタマ」←(根っから日本人♪)(笑)
ニーナは地味にエラくカッコいい名前ばっかり呟いてるし☆
そしてルルは「飼うことからして反対です。人間の言う事をきかない生き物なんて☆」
会長の「人間の、じゃなくて俺の言う事をきかないでしょ?」はナイスツッコミ♪
猫にギアスはかからないのかしら?
シャーリー「ルルは犬派なのよね♪」
だから某黒の騎士団で忠犬を飼ってるんだな♪(笑)

アーサーの手当てのコトから女の存在を嗅ぎ当てられたスザク。
恋愛探偵ミレイの「彼女いるんだ?!」に
「なにっっっ!!!」
ルルってば反応激しすぎ!vv(笑)
そしてナチュラルにイジメ(?)に入るメンバーから守るようにスザクを呼んで優しい言葉をかけて・・・
アンタどんだけスザクのコトが好きなんだ!!vv(笑)
(喰いつきのよすぎるシャーリーもイイ味だしてマス☆)

某にゃーにゃー姫によって命名されている『アーサー』を提案したいけどできないスザク。
ルルに「そう言えばいい」と言われて(もちろんにゃーにゃー姫の名は出してません☆)
言い出そうとするけどメンバーは口をはさむ隙を与えず(強敵だ!)(笑)
ソコにやってきたナナリー。
なんと「にゃーにゃにゃー?」「この子の名前はアーサーなんです♪」とにゃーにゃー姫のコピーのような行動を!!
お陰で『アーサー』に決まりましたが。
ユフィとナナリーってホントに腹違いなのか?!
(オトコの趣味も同じ♪)
ホントはコーネリアとルル、ユフィとナナリーが同じ母親から生まれたんでないの?!
(上記の組み合わせソックリだと思います☆)

もちろんオチはアーサーに咬まれるスザクとゆーお約束で♪
Sound Episode4、発売日は7月24日!
海に佇むカレンとルルのジャケイラも小清水さんの歌も楽しみデス♪

2007/07/17 Tue. 22:52 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

甘い罠 

今日はダンナの実家にちょっと寄りました。
お姑さんはいつも何か食べ物を買って待っていてくれる人なのですが…

「パン食べるー?♪」
メロンパンに蒸しパン…甘い菓子パンばかりか…☆
(私は惣菜パンかトーストの方が好き)
「ほらー、メロンも切ってあるのー♪」
…良く熟れていて非常に甘いデス…☆
「あ、シュークリームもあるのよ♪それともプリンにする?ゼリーもあるし!」
だから何で甘い物しか無いんですか?!
そんなんだからアンタ糖尿病になるんだよ!!
と叫びたいのを我慢して。
ドレも少しずつ頂いて食べ終わったら速攻ボトルごと水がぶ飲みいたしました…☆

私ゃ、ダイエットするよーなデブだけど甘い物は好きじゃないんだよ!!
ダイエット食品だって「あっまぁ…い☆」と苦痛に思うくらい!
ちくしょう…
思わぬ所で苦行にあってしまったぜ!
まだ口の中が気持ち悪い…☆

いや、お姑さんは裏表のないイイ人なんですよ?
ただ自分が尋常でない甘党なコトを自覚していないんデス☆

2007/07/15 Sun. 14:42 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

KEROROでDEN‐OH!! 

今回の『ケロロ軍曹』はやってくれましたYO!
電王ネタ!!(爆☆
も~、ダンナや子供が「これ色々とマズくない…?」と笑いながら心配するホド♪
では気がついたネタを拾っていきマスね~♪

・売れっ子侵略者ウレレの第1声「僕、参上♪」吹いた☆(笑)
だってウレレの声はモモタロス役の関俊彦さんvv

・光と共に現れる線路と電車…デンライナー!!

・「い~じゃん!すげ~じゃん!」電王のOPの名フレーズ(笑)

・「僕はいつだってクライマックスさ♪」モモタロス(笑)

・バイク型の運転席…モロすぎ(笑)

・「我が輩は電車の王になるのであります!」つまり電王(笑)

・バックにも「電王」の字が出かけた☆モアちゃんが止めてくれなかったらヤバかった(笑)

・ケロロが携帯を掴むシーン、側にコーヒーと砂時計…お姉ちゃんの喫茶店シーンじゃん☆

・空に伸びていく線路、変形する電車…まんまじゃん(笑)

・「いくぜ!僕の必殺技パート999!」電王と999のコラボ♪

・「さよなら~~俺の青春……」コレも999?


とにかく関さんが出演してたのがオフィシャル感でGJ♪
(モモタロスの演技と全く違いますケドね☆)
やたら楽しかったのデスが。
ホントに版権大丈夫ですか…?サンライズさん☆
だって他局で放送中だよ…?

2007/07/15 Sun. 00:14 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

別室作りました。 

実は私、この度もう一つブログを作ってしまいました☆
その名も『ぎあちゅ☆部屋』
名前から分かるようにコードギアスでまとめたサイトです。
現在はココでUPした記事を少しずつコピーしてるだけですけど
今後はコードギアス関連の新規記事はそっちでUPしようと思います。

・・・なんでわざわざ別に作ろうと思ったかって?
それは。
『コードギアス反逆のルルーシュ 24、25話ネット先行試写会』に応募するのにBIGLOBEの会員になってしまったからデスよ!!
そんで「せっかくだからBIGLOBEのサービスも何か使ってみるか☆」と思った時、ウェブリブログにはコードギアステンプレがある事を思い出したんデスよ!!
まんまと罠にハマったようです☆
おそるべしBIGLOBE!!(笑)
まぁこっちも長く続けてるんでイキナリ切るのもなんだしサイト全体のお引越しもメンドくさいし。
それで、別室。
でも使い勝手によっては向こうがメインになる可能性もアリ。
gooも頑張ってください(笑)

2007/07/14 Sat. 13:38 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

ツボは意外な所に潜んでいる 

今日も今日とてマンガ雑誌コーナーをさまよう私☆
つい手に取ったのは「羽海野チカ新連載!『3月のライオン』」とデカデカと書かれた『ヤングアニマル』(笑)
「羽海野チカとヤングアニマルってミスマッチの極地だろーよ☆でもハチクロで男性ファンいるし、モーニングも総領冬実とか東村アキコとかよしながふみ描いてるから青年誌もアリか。そーいやこないだジャンプに森本祥子が描いてたのはビックリしたなぁ」
とか思ってページをめくると第1コマ目で
『ゼロだってーーー変な名前ぇーーー』
……ぶっ☆(吹いた)
コードギアスジャンキーのツボを狙っているのか?!
羽海野チカめぇえ!(笑)

まぁ、主人公の名前が「零(れい)くん」ってダケですが。
メガネくんで将棋の棋士で、なんか自分の内側に向かう破滅型っぽいデス。
ラストの方の涙を浮かべながら寝入った姿にキュンvv
ぜひ読み続けたいデスね♪
でも水着グラビアがデカデカと載った雑誌を手にするのを躊躇うくらいの羞恥心は私にもアル☆(笑)

2007/07/13 Fri. 10:04 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

アニメ雑談:この声優さんがスキ♪ 

たまに好きな声優さんについて語ってみマス♪

【色気を感じる人】
まず森川智之さん。
正統派二枚目の声とゆうか、オ・ト・ナの声ですよネvv
マ王のコンラッド、ギャラリーフェイクの藤田、NANAのタクミ、Dグレのティキ、DMCのダンテなどなど。
素直にカッコいい♪と思えます。
ちょっとタイプが違うけど三木真一郎さんも気になる人。
鋼鉄三国志の周喩みたいなクールなのもイイけど、彼の真骨頂は『ヘタレ』でしょう!(笑)
その中でも今一番惹かれるのがライディーンの前田崎。
ヘタレなんだけど、ユルユルなトコに何故か色気を感じますvv
ええ、ライディーンは私の中では淳貴と前田崎の愛の物語ですが何か?
(たとえ淳貴が抵抗しようとも)(笑)
三木さんはBLEACHの浦原さんも胡散臭くてステキですよネvv

【渋い!上手い!と思う人】
私が「あ~、この声すんごいキャラに合ってる!」と思った時、だいたい中井和哉さんだったりする♪
トリブラのトレスとか銀魂の土方とか。
最近ハマり役だ!と思ったのはのだめの江藤先生(笑)
いや、上手いと思いマス♪ホント。
そしてトリブラと言えばアベル役の東地宏樹さん。
アベルはヘタレぶりっこキャラだったんで気がつきませんでしたが。
ステキな低音デスよね~♪
ジャぱんのアフロ店長とかDグレのクロスとか、凄みのある声にシビれますvv
稲田徹さんの声も落ち着いた大人!っていう感じで好きデスね~♪
デカレンジャーの『抱かれたい犬NO.1』(笑)とかツバサの黒さまとかサムライ7のゴロベエとか。
特にゴロベエは漂う余裕がカッコ良かった!!

【萌え!な人】
今私が一番萌え!と思うのは…
井上麻里奈さんデスよ!vv
(男性ばっかりだったのにイキナリ女性☆)
グレンラガンのヨーコみたいな女の子役もイイけど、彼女の少年役が堪らんvvデス!
彼女を認知したのがジャぱんの冠くんだったのですが。
あの爽やかな黒さがサイコーでした♪
決定的だったのが地球へのシロエ!!
あんなに生意気なのに愛しいなんてvv
もうシロエを主役にして欲しくなったくらい!
あのラストのピーターパン朗読はサイコーデス♪
更にキスダムの冬音にもヤられましたね☆
少女を守ろうとする姿にキュンキュンきますvv
「もうこの手を離さない…」には萌えすぎて身悶えしてしまいました!
ちくしょう!女性の声にこんなに萌えさせられるなんて(笑)
しかも可愛くて絵も上手いなんて神様は不公平だ☆

【イジめたい人(笑)】
前にバトンで福山潤とか宮野真守とか書いてたのに、サッパリ名前が出てこない…と思った人へ。
そのお二方はこのカテゴリーに入るのデス♪(笑)
いや、私の中ではアイドルなんですよ?
そしてなんかイジりたくなる(笑)
アニメではカッコいいキャラをたくさん演じてる彼らですが。
ラジオでかみまくりながら暴走する福山さんとか、ラジオの相方にいじられまくる天然な宮野さんとか、本人も十分魅力的♪
私もイジめたいvv
ええ、そーゆー愛の形デス(笑)

2007/07/13 Fri. 00:09 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

12才の私から 

今日久々に実家に顔を出しました。
(親不孝な娘デス☆)
そしたら意外なものを母親から渡されました。
「アンタが小学生の時の作文が出てきたよ。なんか怪しげなコト書いてあったけど」
子供の作文に対して『怪しげ』とは何ですか☆と憤慨しましたが。
予想外のタイムカプセルみたいで、なんか背中がこそばゆい☆
お恥ずかしいですがレア物っちゅーコトで公開してみマス。


『家のお月様』 6年○組 うっちー(仮名)

私は小さいころ、幼稚園くらいの時に月はそれぞれの家に1コずつあると信じていた。その理由を考えると、とても不思議だ。たぶん、月は、どこの家からでも見えるから、とみんなは思うだろう。でもちがう。だれだったか、どういう時に話してくれたのかも忘れたが
「家には家のお月様があってね、人は死ぬとその家のお月様にいくんだよ。」
といわれたからだ。それからは窓の外の月を見るたびに
「あれは私の家の月なんだな。死んだら、あそこにいくんだな。」
と思っていた。それなのにいつからだろう。このことを信じなくなったのは。

(以上、原文のまま)


短いですね。
電波風味ですね。
この短さと文章から書きかけぽい気もします。
正直、自分がこんなコト考えていたのも書いたコトも全く覚えていませんでした☆
でも文体のクセとかが私ぽくて「自分で書いたんだ…」とシミジミ感じます。
(つか小6から進歩してないのかよ自分!!とか愕然としたり☆)
この内容を何一つ覚えていない私は、色んなものを亡くしながら此処まで来たのでしょうか?
他に大切なものの記憶も失っているかも…

では『小6の戯言』でした!!

2007/07/08 Sun. 20:53 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

私にできない方法 

現在ダイエット中のワタクシですが。
3kg減ったのもなんのその、昨夜は「てめぇぇえ!ダイエットしてんじゃねぇのかよ!!」とゆーツッコミが入りそうな町内会の焼き肉パーティーでした☆
ダイエット中と言えど長い物には進んで巻かれる私、久々の多量の肉とビールにご満悦になっているとダンナの恐怖視線が…
「お前…そのハラ…!(((゜д゜;)))」(今頃気付いたのか☆)
「そーだよ!こんなハラだよ!伊達にダイエットが必要な訳じゃないんだよ!」(逆ギレ☆)
「…俺今日3時間テニスやったら3kg減ったけど…」
「あー☆ムリムリ。人には向き不向きってあるから。そりゃ私も野球で一試合投げたら阿部くんに『てめえ!3kgも減ってんじゃねぇかよ!』って心配されるだろーけどvv」
「…マウンドは譲りたくない!とか…?」
「そーそー♪」
「それ以前にお前キャッチャーまで届くのか?」
「んー、無理だね!だから私は続けられる方法でいくのさ!」
そりゃ3時間もテニスやら野球やら続けられる人ならビリーも出来るだろうけど、体ができてない私にゃ無理だもん☆

さて、たくさん飲み食いした翌朝の恐怖の体重計…
ドキドキしながら乗ると…

1kgリバウンド☆

やー、このスリルがたまんないね♪←(ヲイ)

今朝ダンナがファイティングポーズでにじりよってきました。
「お前の脂肪を俺が掴み取ってやる!」
「ほう…おぬしに出来るというのか?」
「スイマセン☆無理です」
諦めが早い(笑)

2007/07/08 Sun. 11:30 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

黒の皇子 


このバラの名前は『ブラック プリンス』
ルルーシュの瞳と同じ色ですね♪

2007/07/06 Fri. 17:48 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 
2007-07
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。