イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

cm --  tb --  

BLOODたす19と20 

ハーイ♪
とーとーやりましたよ、2週分まとめてUP☆
先週休んだんで今回は濃厚に感想いきたいトコですが。
残念ながらサラリめでお送りいたします。
(ほら、オバチャン疲れてるし、ね?)←(自虐ネタか?)

<#19あらすじ>
小夜達はエカテルンブルグのホテルに到着するが、デヴィッド達は先週の活動で不在。
部屋に向かう途中リーザはリクの肩を抱き「お姉さんと一緒にお風呂入ろうか?」と金城ママも言いたくて我慢していたと思われることをかます。
赤面リク「ぼ、僕一人で入れます!もう子供じゃないんだから」
「ええ、そうねvvオトナなところお姉さんに見せて♪」←(そんなセリフはありません)
リク攻略をあきらめたリーザは小夜のシャワーシーンに潜入。
「あなたの夢を教えてvv」とか言ってネチネチと小夜の暗い過去を掘り起こそうとする。
食事では小夜が一人でコレステロールが高そうな前菜を山盛り食べる。
リーザは「翼手も生きるために栄養を摂取してるだけ」なんて小夜に揺さぶりをかけながらイクラを指でつぶす。指生臭くなるで。
ここでリクいきなり倒れる。
毒でも盛られたかと思わせて実は発熱。
赤面はセクハラのせいだけではなかった。
リクの看病に取り掛かる小夜にリーザは更に絡みだす。
流石の小夜も「このオバハン何ウチにいちゃもんつけとんのや?!」と気づき、ハジも参上。
やがて何階か知らないけど窓から飛び降りて外でのバトルへ。
しかしリーザは冗談のように強くハジも胸を思いっきりズブッと突き抜かれて血だまりに倒れる。
ハジがヤラれて覚醒する小夜だが、リーザはあっさりと刀を折ることで小夜の戦意も削いでしまう。
「赤い盾の奴らな、アンタになーんも教えてくれへんで、おかしい思わんかったん?」
「アンタには生き別れの妹がおるんよ。ディーヴァゆうて可愛らしい子やで。そんな妹アンタに殺させようとするなんてイケズな連中やなぁ」
リーザの言葉に放心する小夜。
「ほんまのコト知りたかったら動物園に来たらええ。冬の旭山動物園ではペンギンの散歩も見れるで」
実は時々中田譲治声の男言葉が出る偽リーザはアンシェル兄さん。
小夜はアンシェルの思惑通り「・・うそつきv」の書置きを残し姿を消したのでした。
ちゃんちゃん♪
(注:捏造多数)

<#19のハイライト>
やっぱコレですよ♪
ジュリア「あなた・・変わったわ。前は全身鋼で出来たロボットみたいだったのに」
デヴィッド「今はどうなんだ?」
ジュリア「今は、アンドロイドかサイボーグってとこねv」
デヴィッド「・・・弱くなった」
爆!爆!爆!!!
大丈夫だよ!デヴィッド。
ゼンマイ式のロボットからアンドロイドになったなんて、ちゃんとハイテク化してるから(笑)
まぁ、ハイテク化が進むと素人には分からん故障が増えたりするもんだけどね☆
取りあえず『祝!デヴィッドサイボーグ説公認』てことで♪←(祝なのか?!)


次。行きます。

<#20あらすじ>
おフランスのサンク・フレシュの実験施設。
そこではすっかり影の薄くなった飴男が多くのマウスでD67の研究を進めていた。
そこに突如現われたシフとかいう二人連れは翼手をばっさばっさと切り刻んだかと思うとぴゅーんと窓から逃げていった。
「何なんだ、あれは」と視聴者が激しく同意する言葉をつぶやく飴男。
その頃ソロモンとディーヴァの元にはシュヴァリエが集結(変態カール除く)
「姉さん」と聞こえるネイサンも登場するが本当に姉さんだった。
リーザに「変身v」していたアンシェルもやってきてワインで乾杯☆つまみが無いぞ。
シュヴァリエ'Sの会話によると「ハジはディーヴァの花婿として確保、小夜は邪魔だから消す」
全員が賛同する中でソロモンが一人浮かない顔。
どうやら王子様は武闘会で踊った腹ペコ娘に恋をしたようだ(笑)
もの思いにふけるソロモンをシフの二人が襲い掛かる。
しかし華麗な立ち回りで反撃するソロモン。
シフも負けじとソロモンの腕を切り落とすが。
「なるほど、これなら遠慮はいらないですね」
ソロモンのスイッチが入ってしまいシフの二人はバラバラ☆
ソロモンの切り落とされた腕はいつの間にか元ど~り、事後処理班で呼ばれたのは訳が分からない飴男。こんな訳のわからない職場で今度はアイスランドに出張らしい。
世界を股にかけるぞ飴男。
一方赤い盾本部についたデヴィッド一行はリーザの件で初登場ジョエルに翼手疑惑を持たれ軟禁されることに。
「いくら俺がバカでも」自分で認めちゃった発言のカイが真相を教えろとデヴィッドに迫る。
カイに「翼手と戦い続ける覚悟があるなら『ジョエルの日記』を読むか」と尋ねるデヴィッド。
いわく付きの『ジョエルの日記』
読むには誓約の儀式とか厳しい管理をかいくぐってとか古めかしい書物とかアレコレあるのかと思いきやPCに保存されてるだけでした。
何だかありがたみは無いけれど読んだカイは驚愕する。
更に一方、小夜はすっかり無傷(笑)のハジと「ドナドナド~ナ」な子豚を乗せたトラックで動物園に向かう。
あの腹ペコ小夜が「3日も何も摂取していない」そうだ。
大変だ!!
続く。
次回はシフの人たちが小夜の命を狙うらしい。
シュヴァリエ'Sにも狙われてるし、いくつ命があっても足りません。小夜。

<さあ!突っ込もう(笑)>
何もなかったようなハジ!!
予想通りだけどハジ!!
そしてあんな即死必死の攻撃しといて「血を流したくない・・・」とかほざくアンシェル!!!
しっつもーん。
シュヴァリエって小夜の血以外に殺す方法はないんですかー?
ねぇ・・・?
ところで「ハジはディーヴァの花婿」っての。
私にはカマキリのオスみたいに「生殖のための生贄」みたいに思えるんですけど、どうなんでしょうね?

<豪華声優陣>
出ました、ネイサン姉さん・・・ってー!!
CV:ホランド藤原じゃないっすか!!
「ホランド何やってんのよ!」
しかしBLOOD+の声優さんは有名どころが揃ってますね~。
アンシェル:伯爵中田
ジェームス:ロイ・マスタング大川
ソロモン:デューイ辻谷(エウレカとは兄弟逆転☆)
デヴィッド:チャールズ小杉
ジョエルもアスラン石田だったし。
こうなったら是非ジョエルからカイにヘタレ王への道を伝授していただきたい(笑)
(ちなみに『RIGHT OF LEFT』の祐未役もやってるジュリア甲斐田様は本人も美人さんvv)
(あそこまで露出はしてないと思いますが)

ダンナが見終わって一言。
「ディーヴァって・・・やっぱエロかっこいいのか?」
ヲイ☆おっさん無理に流行りに乗ろうとするなや。
(もう流行りも終わる前兆か?)
スポンサーサイト

2006/02/28 Tue. 11:39 [edit]

category: 未分類

cm 6  tb 0 

ネット落ち対策なるか? 

ご無沙汰してます。うっちーです。
ゆっくりPCに向かえない日々が続いていますが、この度新兵器(笑)を導入いたしました。

それは。
PCサイトビューアー付きの携帯。
これさえあれば、書きかけの記事の続きも出先で書けるぜ!
なーんて…
携帯買い換えた一番の動機はパケット定額にしたかったからなんですけどね☆
実は最近通勤時間とかに携帯乙女ゲーム『花宵ロマネスク』にハマってしまい。
請求がきたら、あーらビックリ!いつもの3倍の金額に!
そんな時ちょうど好みの機種が発売されたんで「えいっ」と買い換え。
(ぶっちゃけauのW41CA色はオレンジです)
家族には「前のまだ使えるのに」とぶつぶつ言われましたが。
余暇を無駄なく使うには必要なのだよ~ん♪

まずは練習がてらの記事UPです。
次回はアニメ感想まとめて放出…かなぁ?

2006/02/26 Sun. 23:21 [edit]

category: 未分類

cm 3  tb 0 

受験生には禁句なれど 

はい。
またまたネット『落ち』の日々を過ごしています。うっち―です。
先週のアニメ感想は周回遅れ確実になりました。
う―…この程度の忙しさでなぁ…
トシは取りたくないもんです☆
(ゲ―ムにハマってたせいなんて、そんなコトあるかもしれないケド言いませんとも)(笑)    
まぁ、取り合えず荒川選手、金メダルおめでとう!ってコトで♪←(何の関係が?!)

2006/02/24 Fri. 20:01 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

例えの・・・バトンですってよ♪ 

ハトははさんから回していただきました。
例えバトン。
自分を何かに例えてみるらしいです。
自分で思ってるのと他人が受ける印象は多分違うから。
私を知ってる人が読んだら「ぜーんぜんイメージじゃない!」って思うカモ☆

*自分を色に例えると
 ハトははさんは『深く透明なブルー』と言ってくださいました♪
 (かっちょえー!)
 自分ではね・・曖昧に流そうとしがちなトコが迷彩っぽいカーキ色。

*自分を動物に例えると
 猫。雑種でブチ。食い意地ははってるがグータラ。

*自分を色々なキャラクターに例えると
 こ、これは苦しい!
 ・・・マ王のクマハチ・・・とか。
 (今必死で考えました)

*自分を植物に例えると
 誕生花ってのを調べたことがあるんですが。
 「メロン」とか「柏」とか花が思いつかないものばかり☆
 んーと、『北の国から』で蛍がプロポーズの時送られた花で。
 (要は雑草)

*バトンを回す5人を色に例えると
 5人を色分けするって言っちゃー、ゴレンジャーでしょう!(ヲイ)
 回すかどうかは置いといて。
 いつもお世話になってる皆さんで色をあててみました(笑)
  赤・・・・あっちゃさん
  青・・・・りょくさん
  緑・・・・ハトははさん
  黄・・・・ぴよさん
  ピンク・・ようかんさん(笑)

名前があるからって無理に受け取らなくても良いですよ~。
基本的にバトンは自由持ち帰りドーゾvってことで。
(何しろ回してくれたハトははさんまであげてるし)
(ぴよさんはスゴイ数のバトンこなしてるから多分もうやってるだろう)

『自分はどんなヤツか?』考えるのは苦しくもあり楽しくもあり。
いい経験でした。
ハトははさん、さんきゅう♪

2006/02/14 Tue. 00:15 [edit]

category: 未分類

cm 6  tb 0 

エウレカセブン、扉の向こうへ 

今回はノルブとサクヤとかエウレカとレントンの旅立ちとか命がけ月光号とかヴォダラク大虐殺とか語りたいポイントは色々あれど。
アネモネが切なすぎたんで、アネモネ視点のSS形式でいきます。
(注1:捏造文なので本編から大分ズレたこと書いてる恐れあり)
(注2:ドミニクに対し毒吐いてますが、あくまでも『アネモネ視点』で私の本心ではありませんので)(笑)

ではスタート!

**************************

・・・コワクナイ
・・・ダイジョウブ
・・・ヒツヨウナノ
・・・アノヒトガ、ノゾンデイルノダカラ・・・

「まさか・・自分で打ったのか?!アネモネ!」
薄闇の静寂を破るようにあいつの声が飛び込んできた。
あたしの保護者面したあいつ。
ドミニク・ソレル。
「こんな大量の薬を使って、どういうつもりなんだ!」
うるさい。
うるさい、うるさい、うるさい。
アンタだって今まで散々打ってきたくせに、あたしが打つのにはとやかく言うわけ?
こいつの善人ぶった顔を見ていると反吐が出てくる。
デューイの駒の一つのくせに。
デューイに逆らう事なんて出来ないくせに。
あたしと同じで。
「・・仕方ないじゃない。打たないと戦えないんだから・・・」
ザラついた心と裏腹にあたしの口調は冷静だ。
いつも注射をした時の猛々しい高揚感が今日は、ない。
不思議に頭の中が静まり返っている。
このジ・エンドの格納庫のように。
でも・・・『ダイジョウブ。タタカエルハズ』
「あの人が、望んでいるんだから・・・」
ほら、黙り込む。
結局アンタは何も出来ない。
あたしの世界の全部はデューイなのだから。
好きとか嫌いとかそんな甘っちょろい感情を超えて。
あの人しかいない。
命さえ握られている。
彼の望みを叶えられなければ壊れた人形のように捨てられてしまうの。
それがあたし。
さぁ、彼の使いの蝶々さんが呼びに来たわ。

あたしの目標はもう一人のジ・エンド。
そしてもう一人のあたし。
おぼろげな記憶だけど、前に遇ったことが・・ある。
あの子はエウレカと言った。
サエない男の子の手を懸命に握ろうとしていた。
そして今二人で『ゾーン』を越えようとしているという。
そんなことは、させない。
デューイの手のひらの上でしか飛べないあたしを置いていくなんて、させない。

追いかけるあたしの前にLFOが立ちはだかる。
・・・邪魔!!
あの子を追わせないつもり?
あの子はそんなに『守るべき存在』なの?
あたしと違って。
・・・そんなの許さない。
あの子だけが向こうへ飛び立てるなんて許さない。
邪魔な羽虫は叩き落とす。

あの子の姿をとらえた。
でも・・・追いつけない!
何故?!何故?!
何故あたしを置いていくの?!
そんなの許さないって言ったでしょ!
もう一人のあたし!!
雲の間を駆け抜けていく。と。

・・・・・
ふいに・・・目の前に・・・現われた映像。
愛らしい少女が幸せそうな笑みで少年僧と手を取り合っている。
エウレカがレントンに寄り添い微笑んでいる。
なに・・・・・これ。
あなた達には・・いるの?
手をつなぐ相手が。
自分の空っぽさに急速に心が冷え切り押しつぶされそうになる。
そしてあたしに手を差し伸べる人達。
顔は見えないけれど暖かな光を纏った人達。

・・・涙が、あふれた。
あたしはゾーンを越えられなかった。
もう一人のあたしは扉の向こうに行ってしまった。
あたしと彼女は似ているけど全く違っていた。
あたしの・・・手の中には何も、無い。
どこかに失くしてきたのだろうか?
掴みそこなったのだろうか?
涙は、止められない。

*****************************

はーい!お粗末様でしたー!!
今回のアネモネには狂気を感じず、ひたすら悲しかったですね。
あんなに嫌がっていた注射を自分でするほど追い詰められて。
そして自分の孤独を実感させられて(ドミニきゅんがいるんだけどね☆)
正直エウレカ達や月光号よりも心を揺さぶられました。
(それでこんな捏造文・・・)
後ノルブとサクヤ、あれは彼らにとってハッピーエンドなんだろうなぁ。
頬染めるサクヤがめっちゃ可愛かったですvv
(初々しいノルブも)

それから、コレだけはツッコませて!!

<不可能を可能にする男ホランド>
今回のホランドは「ありエナィィィイ!」の連続!
月光号から落とされる909に飛び乗るは、忍者のようにマシュー達を助けるは。
いくら元SOFのエースだからって出来すぎですって☆
しまいにゃジ・エンドにバラバラにされたのに「ふぅっ!やれやれ物騒だな☆」てな風情で生きてるし。
(ジャンプ好きが書いてるエウレカ感想です)(笑)
心の中は「ホランド死ななくて良かった」と「なんで生きてるんぢゃ」の二律背反です・・・。
いや、だから今回のホランド、いちいち派手すぎるんですって☆

『トンネルを抜けるとそこはエキゾチックジャパンだった』
アニメのハガレンの「扉の向こうはドイツ」を思い出しました。
でもハガレンと同じ展開になるはずは無いし。
先が読めません・・・・・。

2006/02/13 Mon. 19:30 [edit]

category: 未分類

cm 3  tb 0 

BLOODたす18 

放送当日の『BLOOD+占い 今日の運勢』では。
1位はカイ「100点がとれそう」でした。
ナルホド。
確かに100点の内容だったかもしれない。
何しろカイが足を引っ張ってないとゆーオドロキの展開だったのですから!

何故か知恵の輪なんて一番性に合わなさそうな物と格闘しているカイ。
ジュリアさんのアドバイスは「力任せにしたら壊れちゃうわv優しく・・そっとv」と。
(捏造しなくてもエロさ炸裂☆)(笑)
そこへやってきたデヴィッドとジュリアさんのライバル、ルイス←(ヲイ)
カイは小夜は無事という報を受け先走りそうになりますが「一緒に来いv」とデヴィッドに誘われる。
(なんか邪念が入った文章になって来ました)
(BL+だし)(笑)

車で留守番頼まれてふてくされるカイですが、ジュリアさんを思い出す時は赤面でにやけています。
こいつ、妹以外に萌えるコトあったのか!!
(マジ驚いた☆)
(恐るべしジュリア様パワー!)

そしてカイをからかう事がライフワークとなったルイスが来て「喜べ、仕事だ♪」
知恵の輪の次はジグソーパズル。
今回のカイに与えられた試練は『頭脳労働』でした☆
得意な顔して「できたぜ~♪お礼は?」と提出するも「礼を言うような仕事か」とデヴィッド先生手厳しい!
ルイスも「もっとキレイにできないのか?」
新入社員が先輩達にもまれていくよ~ですね・・・。
いや、でもカイ。
今までの痛さに比べたら屁でもないから♪

そして3人は翼手が待っている核施設へ。
(『翼手』と『核施設』!)
(どっちか一つだけでも充分恐ろしいです・・・)
『核施設』はダミー。
そして地下にはテッドの息子が翼手となって囚われていた・・・。
地下に行く時カイはまたもや『おるすばん』。
ええ、デヴィッドがカイを危険な目に合わせたくないvからですね←(何を今さら)(笑)

地下には翼手に襲われ倒れたテッド。
デヴィッドはテッドからなんとかディーヴァの事を聞き出す。
美しい少女・・・でもクリスマス北爆で何もかも消えてしまった・・・
テッドは少なくともそう思わされてたようです。
と、そこで翼手に背中をえぐられるデヴィッド!
でも平然とした顔で銃で反撃。
(やっぱサイボーグや!)
しかし銃撃が裏目に出て翼手が重石から解き放たれてしまう!
エレベーターで上昇するが翼手がしがみついてくる!
上がった先には裏目男カイが待機!
ピンチMAXです!!!

しかしカイはやってくれました。
翼手に手近にあったガソリンをかける!
銃は弾切れで撃てなかったものの(痛っ!)デヴィッドが撃ち翼手は火に包まれる・・・
(コレ見た子供が「火で焼き殺せるんなら小夜いなくてもいいんじゃない?皆そーゆー武器持ったらいーんじゃないの?」と言った☆)
(もっともデス☆)
(まさか赤い盾は「自然環境保護のためCO2の削減に取り組んでいます」なんて団体じゃないだろうし)
カイ・・・初めて役に立ったね!
タラッタラッタンターン♪『カイのレベルが上がった』

外に出た途端力尽きるデヴィッド。
バッテリーが切れたようです。
カイは「命を賭けた戦い」に身を投じてしまったこと、実感したかしら。

小夜&ハジ&リク&偽リーザはデヴィッド達と合流すべくエカテリンブルグに向かう。
無表情で「あなたの役に立てて良かったわ」という偽リーザがちょい怖い。
誰もセンサー反応しないんかい☆

2006/02/13 Mon. 15:45 [edit]

category: 未分類

cm 6  tb 0 

エウレカセブン、坊主のメイドノルブ 

レーッツ周回遅れ!!!
(こればっかりや☆)
(もはやネタ・・・にしたくはないんですが)

『アクペリエンス3』です。
今回1,2ほど不条理感はありませんね。
つか2の時の白紙なエウレカを回収したエピソードと取れる。
ノルブとサクヤの馴れ初めstoryですvv

それぞれのサイドから恋が語られます。
エウレカはサクヤから。
例の図書室で・・・。
レントンはノルブから。
サクヤの傍らで・・・。

少年僧ノルブはある日聖人サクヤのお付に選ばれた。
これが二人の出会い。
(少年ノルブ、声福山さんだよvvカワイイ~♪)
(額の一房の髪の毛が謎☆)
聖人とは、つまり。コーラリアン。
サクヤは聖人として幽閉されていて。
ノルブはその付き人。
って、やる事は掃除や食事の世話とか・・・まんまメイドやん(笑)
坊主のメイド・・・仮面のメイドよりマシだろうか?

ご主人様と話すことも許されないメイドですが、ふとした心遣いから名前を名乗ることに。
嬉しそうに語るサクヤ。
でも考えてみれば可哀想な環境です。
幽閉された上に話す相手さえいなかったなんて。
比べたらエウレカはアドロックやホランドがいた分幸せなのかな・・・。

急速に距離を縮める二人。
そして抱き合う姿を見られた時、ノルブはメイドから『ノルブ様』となり。
額に印を入れられ、サクヤと旅立つことを義務づけられる。
小舟の上でキスをする二人・・・
突然周囲が変わり大きな流れに巻き込まれる!!
これが壁を越えるってこと?
グレートウォールの向こうって、もしかして『人間とコーラリアンが一体化したその先』って事なんでしょうか?
じゃあエウレカが「キスもOK♪」な体勢になったときって、ひょっとしたら心の準備もなくああなったかもしれなかった・・・とか?!
レントンとエウレカが簡単にABCのステップを踏まないのはワケがあったのか☆
(朝7時のアニメってだけでなく)

ノルブは流れの中でサクヤの魂魄ドライブだけ掴むことが出来て、それはノルブの身体に取り込まれる。
気が付くとサクヤであったものは蓮の蕾となっていた・・・
『壁を越えそこなった悲しい顛末』
でもサクヤはエウレカに笑顔で語る。
ノルブが好きだと。
エウレカの白紙の本にたくさんのハートを書きこむサクヤ。
レントンへの気持ちを聞かれて大きなハートを書き込むエウレカ。
まるで女の子同士の他愛ない恋バナみたいだけど。
エウレカの白紙の本に『愛』が書かれたのはコーラリアンにとって大きな意味があるんだろう。

サクヤはエウレカの傷跡を治そうとするが、エウレカはこのままでいいと言う。
それは自分の生きてきた過程を受け止める決意。
「過ぎてきた日々全部で今のあたしなんだよ」ですね。(By YUI)
そしてサクヤから出てきたエウレカは髪が伸びて新OPの姿となりました。

今回の話を見て、ノルブとサクヤにも幸せになって欲しい!と真剣に思いました。
ノルブは年を取ってしまったけれどサクヤはそんな彼も笑ってくれるはず。
そんな妄想が頭を駆け巡っています♪
しかし軍もヴォダラ宮に向かってるし。
やっぱり平穏に壁は越えられないですね~。
ホランド達が無事にすむかも分かんないし。
最終幕に向けて気がぬけません☆

2006/02/11 Sat. 14:09 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

BLOODたす17 

今回も周回遅れ☆
この負の連鎖を断ち切ることは出来ないのか・・・(涙)

ま、そんなことは置いといて♪←(ヲイ)
今回はハジが喋る!ハジが脱ぐ!(笑)
と、ハジスキーさんに大サービスの内容でしたねv
でも・・・判りづらい脚本でした。藤咲監督。
(私の頭が悪いだけかもしれませんが)
なんでこんな展開になるのか理解できなくて
「リクはどうしたの?!ハジこんなドレスシャツ着てた?!小夜なんか言動違うよ?アナスタシアとかグレゴリーとか何?!何で当然のように二人で探してるの?!」と混乱しましたよ☆
えーと、要は小夜は倒れている間にハジとの過去を夢で見ていた・・・ってコトなんですね?
(いわゆる夢オチ?)
いつ頃の時代設定なんでしょう?

洞穴で休む小夜とハジ。
ここで「服を脱いで暖めあわなきゃ!!」と叫んだお仲間いますか?
この時の会話によると、チェロは小夜がハジに教えたらしい。
「あなたが眠っている間にずっと練習していました」
「その割には上手くならないね」
小夜ひでぇぇえ!
ま☆これに限らず、今回の小夜はハジに対して命令形で「女王様カモ~ン♪」な人にはよろしかったんじゃないかと(笑)

で、なんだかロシア民族衣装コスでグレゴリー捜索に繰り出す二人。
(だからグレゴリーって誰ですか?!)
やがて村人から疎まれている家の娘と出会います。
いきなり小夜にベタベタとくっつき「泊まっていってv」とか言い出す娘。
ヤバそうな吊り橋も「あなたとだったら大丈夫v」って、そーゆー問題じゃないだろう(笑)
・・・ロシアの百合?
この頃から小夜は百合っ子に狙われやすかったのか(笑)
(声優が門脇さんだったら大爆笑だったのだが)
(エウレカの名塚さんでした☆)

ヤバそうな橋は期待通りに崩れて。
3人はびしょぬれ☆
そしてシーツ小夜に顕に身体をさらすハジvvv
萌えイエ~ィ♪←(馬鹿)
恥じらいながらも命令形の小夜に萌えv
「彼はあなたの下僕?」
「・・・そのものずばり、かな」
脳内変換もオッケ~♪←(馬鹿)

そして朝、小夜が目を覚ますと・・・
いるよ、ベッドに、百合娘(笑)
しかも抱きついてるし。
(どんな濃厚な夜だったのか)←(ヲイ)
ロシアのお嬢さんは大胆ですねぇ。
ミン以上に積極的だ!!
小夜のハラが鳴るのはお約束♪

まぁ、その後の展開はちょっとはしょって(はしょっていいのか?!)
結局、百合娘は翼手(シュバリエ?)で小夜に攻撃してきます。
(オデコがまぶしいアンシェルも初登場)
鳥っぽい翼手で小夜は苦戦しますが、重傷な筈のハジの協力でなんとか倒します。
力を使い果たしたら眠くなる小夜。
(エレメンタルジェレイドのレン?)
(爆食はキーアっぽいですが)
「もう・・目を開けてられない・・」
こうして小夜はハジの腕の中で目を閉じる。
ハジの約束を聞きながら。
(乙女的に萌えですねーvv)
小夜はこんな風に眠りを繰り返してきたのだろうか。
ハジの孤独を考えると胸が痛い。

小夜が目を開けると現在。
同じくハジの腕の中だけど、カイやリクの声がして。
朦朧とした意識で問う約束にハジは答えず。
ハジはどんな想いで小夜の問いを聞いていたのか・・・
つか、ハジのコートを着たリクに萌え萌えですーvvv
ハジ×リク推奨の罠にはまってしまいそうだ☆

ではカイがまた痛いコトしそうな次回をお楽しみに~♪
(もうすぐ放送ですが)

2006/02/11 Sat. 14:09 [edit]

category: 未分類

cm 3  tb 0 

エウレカセブン、中年アリス 

もちろんコレも周回遅れです☆
小学校の時の持久走大会を思い出すなぁ・・・(遠い目)
なんとか次の放送前(ギリギリやん)にUPしたいのでサラリといきます。
(BLOOD+は間に合いませんでしたが☆)

<あらすじ>
ヴォダラ宮を目前にしてティプトリーおばさんと合流するゲッコーステート一行。
汚いおっさんノルブの40年分の垢を落としてから、サクヤと会うためにヴォダラ宮潜入を計画。
祭りに乗じて一行はヴォダラク信者コスで行くことに。
ニルバーシュもカメのコスプレされて進む。
しかしニルバーシュの中にはエウレカに置いていかれることを恐れた子供達が潜んでいた。
子供達のうっかりで作動してしまうニルバーシュ。
ホランドらに援護され、レントンとエウレカは子供達やノルブと共にニルバーシュに乗り込み強行突破へ。
謎に満ちたヴォダラ宮の中を進み、遂にサクヤの寝所に辿り着く。
そこにいたサクヤは蓮の花の姿をしていた。
・・・続くっ!
(あ、なんかホントにあらすじっぽい♪)

<今回のスマイルv>
エウレカとタルホの枕投げ♪楽しそうで良かった!
つか二人とも変わったなーとシミジミ。
第1クールのエウレカだったらあんな笑顔見せなかったし、タルホもエウレカを敵対視してたような感じだったし。
タルホがドギーに操縦あんちょこ作ってあげたのも嬉しかった♪
タルホの優しさが詰まっていそうだ。
ドギー君がんばれ~☆

<今回のツッコミ>
「こちらアリス!三月ウサギへ!」
あのコードネーム健在かよ!!
ホランドがアリスなヤツ!(爆)
おっさん、いつまでアリス名乗ってんですか?
恥ずかしくなんない?
実は乙女属性あり?(笑)
(・・・うちのダンナはそーゆー傾向ある)

<今回の塔州軍>
デューイの話を納得した顔で聞いてるドミニク。
あ~、期待してた脱走イベントはありえないのかなー・・・
残念☆
ただ一つデューイに反論したのが「アネモネを『あれ』と呼ぶのはお止めください」「彼女にも人格があります」
アネモネ命なのねー。いじらしいvv
対して高笑いして「すまない、忘れるところだったよ」と応えるデューイ。
・・・んー、やっぱアレかな。
アネモネって人工コーラリアン?でしょうか?
ジ・エンドだけが見守るベッドの上で「誰もいない・・・」とつぶやくアネモネ。
悲しい・・・。

<新OP、ED>
先行配信映像は小さかったんで判りづらかったんですが。
期待通りの美しい絵に満足でございますvv
曲もPCで聴いた時より好印象。
でも・・・OPの歌詞・・・
『別れの歌』ですね・・・
曲調とシメのレントン、エウレカ、子供達の絵で「ハッピーエンドかも♪」と勝手に思ってたんでちょっとショック☆
アネモネの涙やドミニクの表情も気になるし。
ううう・・・ドミニクにも最後は幸せをあげて欲しいです・・・(涙)

2006/02/04 Sat. 23:58 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 

BLOODたす16 

話数を間違えたわけではありません。
周回遅れなだけです・・・(涙)

んで、周回遅れなんでさらっとね☆

<あらすじ>
船でロシア入りした一行は多分空路で先回りしたあらいぐまルイスやアダルト美女のエリザベートと合流。
エリザベートのハグチューに動揺するカイだが天然マダムキラーのリクは平然と挨拶と流す。
エカテルンブルグに向かうためシベリア超特急に乗る一行。
水野晴郎は出てこないが重い荷物を持ったお婆さんは登場。
フェミニストのリクが手助けしようとするが力不足で結局ハジがお手伝い。
この時お婆さんの指輪がキラーン☆と光り悪役フラグが立つ。
列車の中で小夜とハジが同室であることに文句をつけるのは『僕は妹に恋をする』カイ。
引率教師デヴィッドはカイとハジを同室にするというイジメを天然で行なう。
その後列車の旅は、食堂車で皿を積み上げたりルイスがチョコバー1ダースをジュリアとエリザベートの紹介料にしたりエリザベートが笑顔で旅行者をこっぴどく振ったりリクと小夜がお婆さんと交流したりカイが耐えたり小夜が輸血をしたりハジがリクにチェロを教えたりと、ハジのチェロをBGMに和やかに進む。
しかしエリザベートがいきなり全裸で車外に放り出され列車内にいるエリザベートの指にはお婆さんの指輪が光るとゆー事態に。
エリザベートが振った二人組も注射をされて苦しんでおり、どうやらD67を打たれた模様。
二人組は翼手となり小夜とリクの翼手センサー作動。列車内バトルに突入。
なんだかんだで戦ってやっつけたと思ったら落ちきってなかった翼手がリクの足につかまりリクの危機。
小夜が翼手を斬り落ちていくリクをハジが抱きとめる。
小夜もバランスを崩し落ちていき偽エリザベートも自ら落ちていく。
雪原に倒れる小夜。死ぬで。
続く。
(どこがあらすじやねん☆)

<ツッコミどころ>
・今回のジュリアさんのコスプレはメーテルでした☆ホントにコスプレ好きねぇ♪
・沖縄を後に出たはずのルイスが先回り。一緒に飛行機で行ったらダメなんでしょうか。
・今さらですがハジってパスポートあるのかしら?
・リク、鉄道のない土地で育った鉄道オタク疑惑発生。
・宮城Brosはベトナムに続きロシアでも言葉が堪能な模様。
・食堂車での小夜とルイス、皿積みすぎ。回転寿司か?!
・ジュリアとエリザベートをナンパしようとした二人組、気持ちは判るがどのような団体だと思ったんでしょうか?
・リクがお婆さんと話してる時小夜はずっと動き(食べ)続けていた。そんなさりげない大食い演出が好きだ♪
・翼手に対して水差しで構えるカイ。アレでどうするつもりだったんだか。カイの超痛い伝説は続く。
・やっぱ一番はコレでしょ。忠犬ハジ公物語(笑)
沖縄でエサをもらってからすっかりリクに懐いたようです。
お婆さんの荷物を持ったり、席を譲ったり、チェロの弾き方まで教えたり。
しまいにゃ落ちていくリクを身を挺して守ってくれるし。
素晴らしい献身ぷりです♪
(ハジとリクのカップリングなんて言いませんとも)
(たとえ思っていても)(笑)

実はちょっとずつ記事を書いていたんですが。
数日放置していたら全く気に入らなくなってしまって結局全部書きなおしました☆
・・・無駄・・・orz

2006/02/04 Sat. 22:36 [edit]

category: 未分類

cm 2  tb 0 

ネット、落ちてます… 

さっぱり更新できない今日この頃。
実はファフナ―のイラスト付き感想やBLOOD+、エウレカセブン感想を並行してちょ~っとずつ書いてるんですが。
…仕事が鬼の忙しさで、ブログどころか家庭まで放置してる状況です(涙)
この分では来週位に一気に記事放出したりしてね☆
(自嘲気味です)

2006/02/01 Wed. 20:15 [edit]

category: 未分類

cm 3  tb 0 
2006-02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。