FC2ブログ

イロイロカケラ

オタクで腐女子なオバちゃんのたぶんお絵かき中心ブログ。10/7/1からFC2。それ以前の記事は前のブログで描いたものです。※版権物の二次作品は権利者と全く関係ありません。画像の無断転載禁!

NHK・オブ・ライフ 

最近ブログ巡りをしていて、『NHKにようこそ!』に関する記事を見つけてはコメントしてる私ですが。
今さらながら、自分ではまともな記事にしたことねぇ、と気づき。
そして『NHK~』?と一緒に買った『フラワー・オブ・ライフ』??(よしながふみ作)も大お気に入りになり。
なんか「この2作で私の傾向が見えるよーな?」気もしたんで、両方の感想いきます。
ツッコミしたい私にしてはベタ誉めモードです。

<NHKにようこそ!>
滝本竜彦原作(小説)、大岩ケンジ漫画。(少年エース連載中)
原作の小説読んだことありません。
でも漫画からかなり面白いんだろうということは伺えます。
そしておそらく漫画にして、大岩氏の絵によって更にパワーアップしていると思われます。
絵がとにかくカワイイ!(特に女の子)
・・・でも『変』なんですよ。キャラがみんな・・・
主人公佐藤もフツーの顔してればカッコいい部類なのに、惜しげもなく崩されています。
(まぁ、そういう主人公ですから)
引きこもりでエロ本読みまくってドラッグなんかもちょっぴりやってる佐藤の元に、ある日やってきた美少女岬ちゃん。
「佐藤くんを引きこもりから救うためにきた」という彼女ですが、彼女と出会ってから(隣人オタク山崎との出会いもありますが)スパイラル的にドツボにはまって生活が転落していく佐藤。
(第1回目の部屋の中なんてほんっとフツーだったなぁ)
最初は佐藤の「脱!引きこもり作戦」て感じの行動だった岬ちゃん。
回を追うごとに岬ちゃんの方がなんか変・・・?と読者も気づいていく。
(私は1巻の最後の方の岬ちゃんの家族の話から「あれ・・?」と思い始めました)
3巻になると壊れっぷりも加速しています。
(まだナゾが多い子ですが)
佐藤は何でもドツボにはまりやすく自分で問題解決できない人間。
とにかく精神的に弱くて、人と引きずられる以外のコミュニケーションがとれない。
その引きずられる過程が自虐的な面白さなのであり、ただのギャグ漫画とは違う『暗さ』であります。
他のキャラ達も全員どこか壊れている。
山崎は筋金いりのオタクで、彼なりのトラウマを持っている。
でもオタクとしての『揺ぎ無い自分』を持っているので最後まで一番変わらないでいられるキャラかも、と思いますが。
ヤク中の柏先輩。
彼女も理想と現実のギャップに耐えられない弱い人です。
結婚して落ち着いたかと思えば、本誌の方で佐藤をまた翻弄してるようですね。
マルチ商法の小林さんは3巻で初登場ですが(あ、2巻の回想シーンでちょっと出てたか)彼女のイタさもディープです。
この文章だけ見たら、ただただイタイ、ココロ系のマイナー漫画のようですが。
これが本当に面白いっていうのが作者の力量ですね!!(いやホント!!)
(ネタ的には少年誌でいいのか?!と大疑問がありますが)
間にはさまれる4コマ劇場もライトに面白いですvv

<フラワー・オブ・ライフ>
よしながさんは『西洋骨董洋菓子店』が好きでした。
この漫画は雑誌でちょっと誉めてたのを見て、読んでみたいなーって思っていたら。
2巻が出たので1,2巻まとめ買いしてまとめ読み。
しかも2回続けて読んだ。
これもすっごく面白くて大当たり!な気分です。
『NHK~』もそうでしたが、これもキャラが非常に立ちまくっています。(笑)
元白血病で金髪で熱血で妙に漫画の才能がある花園くん。
ぬいぐるみ系の心癒されるデブ三国くん。
ディープなオタクで学習能力と人付き合いは最悪ながら無駄によいビジュアルを持った真島。(オタクのくせに絵がヘタ)(笑)
この3人を中心に、オカマにしか見えない不倫女性教師やお約束的に素顔が可愛い漫画描き少女や自称妖精の引きこもり姉(美人)やらが楽しく絡んで高校生活が展開されます。
2巻の「ルイジアナにひな菊咲いて」製作とか、文化祭の劇のあたりとかサイコーです!!
(元々劇中劇とか大好きなんですよ)(だからガラかめも・・)
マヌケに楽しい高校生活ですが、それぞれのキャラにはダークゾーンがあり。
明るくバカなだけではないのですね~。
まだダーク部分ははっきり解明されていませんが、私の予想は『一番明るく見える人が一番闇も深い』。
ここでもキング・オブ・オタク(読み専)な真島が一番精神的にぶれない存在だと踏んでいます。(笑)

えーと、この2作に共通してるのは、「どこか壊れた人達(オタク含む)が繰り広げる無茶苦茶面白い漫画。でもどこか暗さあり」ってことでしょうか。
(これが私の漫画のツボ・・・?)
これらのキャラを笑えるのは、共感する部分もあるってことですかね。
どこか壊れた部分があって、そこを必死に隠そうとして生きている。
それが人間ですから。

ところで角川のネガティブキャンペーン、景品がオリジナルデザイントランクスとは微妙ですね・・・。
強いて言えば、乙一氏の書き下ろし小説を読みたいところですが、ぱんつを読みふける自分というのは想像すると(しなくても)かなりイタイです。
スポンサーサイト



2005/06/02 Thu. 11:43 [edit]

category: 未分類

cm 0  tb 0 
2005-06